運転中に考えを整理できました(№230)

富山の若手専門コーチ佐藤慶子です。




気がかりなことがあるとき


やらなきゃいけないことがたまっているとき


なんか・・・もやもやしているとき


思いついたことがあるとき


そのままの気持ちを紙に書いてみることがよくあります。


そんな時は、鉛筆を使うことが多いんです。


ボールペンでもなく、シャーペンでもなく、鉛筆を使いたくなります。


紙は子どもの学校のプリントの裏とか、適当なものを使って。




手を動かして文字を書き


それを目で見ていると頭が整理されて、気持ちがすっきりしてきます。




何も持たずに外出したときに、急にその作業をしたくなって、


コンビニでノートとボールペンを買うことがたまにあります。


そんなときは、鉛筆は諦めてボールペンにします(笑)




今日はいつもより運転する時間が長い日だったのですが


運転中にその作業をやりたくなってしまいました。


いつもは紙に書くところ、今日は、それを全部自分の声に出してしゃべってみました。


独り言を言い続けていた状態です。


車の中は密室だから何を言っても大丈夫です(笑)




気持ちを言葉にしようとすることで頭が整理されました。


自分の言った言葉を聞くことで「そうだったんだ~」と思いました(笑)


運転中ならではの、こんないい方法がありましたね!!




そして、要するに・・・・これをコーチと一緒にやるのがコーチングだなあと感じました。


車での独り言に、コーチからの質問がプラスされることで、さらに深く考えることができたり


励ましたり、応援したりしてもらうことで、さらにやる気になったり


そんなイメージです!!










毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ