言葉は氷山の一角  (No.1477)

若手専門若手専門コーチ佐藤慶子のコーチングブログ

 

おはようございます!

愛を注ぐ企業支援を目指す

富山の若手専門コーチ佐藤慶子です。

 

昨日今日と学びの場に来ています。

「聴く」ということについて

改めて考えました。

 

普段、人の話を聴くことが多い仕事です。

しかも、一対一で対話する時間が多いです。

 

相手から言葉を受け取って

言葉を聴いて理解しているわけですが

言葉というのは

「氷山の一角」なんだとつねづね感じています。

言葉がすべてではなく

言葉とは逆のことさえあるのです。

 

ひとつの言葉を選ぶとしても

その人の想いがあり

背景があり

経験があり

人生があり

その人なりの捉え方があり

その他いろいろなものが

含まれていると思うのです。

 

想いとは逆の言葉を選ぶ場合も

遠慮している

照れている

自信がない

触れられたくない

そもそも今

ちゃんと話せるだけの信頼関係がない

など

いろいろなケースがあると思うのです。

 

最近、本当につくづく思います。

「聴く」ということは

とても面白く、奥深く

技術を超えて

人間として感じる力だと。

まだまだ足りない

もっともっと磨きたいと思っています。

 

お互いに聴き合う

お互いに聴こうとする

そんな人間関係ができたら

会社も家庭も

素晴らしい変化が表れると思います。

 
言葉以外のものを聴ける自分であるために

自分の内面に素直に向き合うということを

より心がけてみようと思います。

また、自身の安定感を保つために

日々、日課に挑戦し

「できた!」と思える一日一日を過ごすことに

挑戦します。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ