自分のことを話す(№211)

富山の若手専門コーチ佐藤慶子です。




コーチングを学んでから、ようやく人に言えるようになったことがいくつかあります。


恥ずかしい・・・


できることなら人に知られたくない・・・


すごくコンプレックスだ・・・


と感じていたことを、すっと人に言えるようになって


とてもらくになりました。


今では、人に言わないように言わないようにしていた時代が嘘のようです。




人に言えなかったことを言えるようになったということは、


自分の中で認めることができたという大きな変化ですよね。




過去の自分の失敗などを堂々と話す人を見ると


素直にかっこいいなあと思います。


人として素敵だと思います。


その失敗についてはすでに乗り越えていて、


その何倍も成長しているからこそ話せるんだと思うからです。





今日は銀座コーチングスクールで、受講生の皆さんが


これまでの経験について話すワークがありました。


勇気を持って自己開示された方もいらっしゃいます。


どの方も素晴らしい人生を歩んでいらっしゃるんだと思い、


胸が熱くなりました。




今日はテキストへの書き込みを見ながら


自分も勇気を持って自己開示したころのことを思い出しました。


そして、自分がこのときから変化しているということを確認できました。


変われたことが嬉しいです。





















毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ