相手が望んでいることは何?(No.1652)

若手専門若手専門コーチ佐藤慶子のコーチングブログ
 
おはようございます!
 
愛を注ぐ企業支援を目指す
 
富山の若手専門コーチ佐藤慶子です。
 
 
 
先日、とても新鮮な質問をされました。
 
普段から私に良い刺激をくださる経営者の方からです。
 
私の今の課題を話していたときに
 
「どんなサポートをしたらいい?」
 
と、言ってくださったのです。
 
 
 
自分自身はお客様に対して
 
ご要望をお聴きすることはあるので
 
よく似た感じの質問はさせていただいているのですが
 
日常の会話の中で
 
ストレートにこんな質問をいただいたのは
 
初めてでした。
 
自分自身が思っていることを伝えることができ
 
よりお互いの理解が深まったと感じました。
 
 
 
また、昨日は娘が私にある行動宣言をしました。
 
言葉にして口に出すと行動できると思ったようです。
 
娘のそんな考えがとても嬉しかったです。
 
そして、私も娘に質問しました。
 
「それができたとき、どんな言葉をかけてほしい?」と。
 
やはり、確認してみないとわからないものですね。
 
「え!そうなんだ。」と思うものでした。
 
確認しておかなかったら
 
はずしていたと思います(笑)
 
 
 
『7つの習慣』を読んでいても
 
よく思います。
 
自分が相手のためにと思って行うことも
 
相手が望んでいなければ
 
喜ばれることはありません。
 
逆に信頼をなくすことにもつながります。
 
発する言葉もそうですね。
 
 
 
目の前の相手が望んでいるサポートは何か?
 
どんな言葉がけが力になり
 
どんな言葉がけがモチベーションを下げるのか
 
もっと敏感に感じとれる感覚を磨きたいです。
 
 
 
人によって嬉しい気持ちの表現の仕方も違います。
 
ストレートに喜びを爆発させる人もいれば
 
喜びを外に出したくない人もいると思います。
 
そんな特徴も、自分自身がニュートラルであれば
 
しっかりと感じることができると思うのです。
 
すべてはそのまま認めることが大事ですね。
 
そして、相手に合わせた対応ができる。
 
そうなれたら嬉しいです。
 
 
 
社員さんおひとりおひとりと接することが多いからこそ
 
肝に銘じていきたいです。
 
 
 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ