気づいた自分の変化(№295)

富山の若手専門コーチ佐藤慶子です。





今日は銀座コーチングスクール富山校で


クラスBの講師を務めました。


受講生の方からご質問いただいたことで、考えて気づいたことがあります





それは、自分がコーチングを学んでから変わったこと。


最近思うのは、人と自分を比べて落ち込むことが減ったということ。


常に「自分にとってのゴール」を思い描くようになったので


気持ちがふらふら、うろうろ、しなくなりました。


クライアントさんとのセッションで「ゴール設定」をしたり


マイコーチとのセッションで「自分のゴール」を描いたりしているうちに


自分のゴールをまっすぐ見つめるという、いいクセがついたように思います。







それから、人からの意見や感想を


ありがたく受けとることができるようになったのも、大きな変化です。


その時は、ぐさっと刺さることもありますが(笑)


意見や感想などを言ってもらえることに感謝して、向き合えるようになりました。


コーチングのスキルで


コーチが感じたことをニュートラルに伝えるという


「フィードバック」があります。


「フィードバック」が、大きな気づきとなり、行動を起こすきっかけとなることを


実感できたからだと思います。


以前に比べたら、人と、深いコミュニケーションをとれるようになったんだなあと


嬉しくなります。






コーチングを学んだことによる変化は


もちろん他にもあります!


また、今後も増えていくと思います。


変化をさらに強く感じるようになるでしょう。


そう思うと楽しみです。
























毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ