最終的なゴールは?(No1659)

若手専門若手専門コーチ佐藤慶子のコーチングブログ
 
おはようございます!
 
愛を注ぐ企業支援を目指す
 
富山の若手専門コーチ佐藤慶子です。
 
 
 
自分の人生の方向性を考えるときに
 
自分の人生のゴールをイメージすることが
 
大切だと言われます。
 
『7つの習慣』の中に書かれている
 
第2の習慣は
 
「終わりを思い描くことから始める」
 
です。
 
自分の葬儀の場面を真剣に思い描き
 
そこで述べてもらいたい弔辞を考えれば
 
それが自分の成功の定義になるということを学び
 
とても衝撃的でした。
 
 
 
どうしたらいいのか・・・
 
と悩むこと
 
判断に迷うことがありますが
 
自分の最終的なゴールから順番に考えていくと
 
自分は人生で何が得たくて
 
何を大切に考えたらいいのかが明確になり
 
答えに辿り着きますね。
 
 
 
自分の最終的なゴールを描くようになってから
 
自分の人生をより大切に考えられるようになりました。
 
ただ、日々、挑戦をする中で
 
自分も成長しているはず。
 
定期的に、最終的なゴールをイメージすることが
 
大切だと感じます。
 
 
 
自分が死んだときに
 
誰に駆けつけてほしいか。
 
どんな会話をしていてほしいか。
 
人生を終えた自分を
 
どんな表情で見つめてほしいか。
 
どんな人だったと言われたいか。
 
どんなことを覚えていてほしいか。
 
集まった人たちがその場で、どんな雰囲気を作っていてほしいか。
 
自分がいなくなった後、残された人たちが
 
どう生きてほしいか。
 
自分の人生がだれにどんな影響を
 
与えるものだったと思いたいか。
 
そんなことを改めて、リアルに想像したいと思いました。
 
 
 
死ぬときには何も持っていけないと言われますね。
 
自分が死ぬときに
 
自分の人生について
 
「どう思えるか」が
 
自分が目指すゴールなのだと思います。
 
 
 
大事なことだと思うので
 
改めてイメージしたいです。
 
 
 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ