最終日をどんな気持ちで迎えたいか(No.1705)

若手専門若手専門コーチ佐藤慶子のコーチングブログ
 
おはようございます!
 
愛を注ぐ企業支援の
 
佐藤慶子です。
 
 
 
2016年の最終日を迎えました。
 
昨日、最終日の1日前ですが
 
寝るときに思いました。
 
「この1年、よくがんばったな。
 
いい1年だったな。」と。
 
そんな気持ちで心を満たせたことが
 
何より幸せです。
 
 
 
「深」がテーマの2016年の目標として
 
紙に書いたものを見てみると
 
仕事で達成したかったことが
 
達成できました。
 
と同時に、来年、集中したいことも
 
見えました。
 
 
 
学びの面では、学びたいと思ったものを
 
学ぶことができました。
 
学びは死ぬまでだと思うので、継続していきたいです。
 
 
 
子どもとの約束を守ることができました。
 
目標の紙に書いた通りに実行することができました。
 
 
やはり、書いておくと、実現できるのですね!
 
 
 
もちろん、まだまだな部分もあります。
 
仕事では、もっとお客様のお役に立ちたいです。
 
お客様に喜んでいただけるまでの時間を
 
もっと短縮したいという思いがあります。
 
 
 
また
 
健康の面
 
日々の生活リズムの面で
 
来年力を入れたいことがあります。
 
 
 
 
先日、はっきり自覚できたことがあります。
 
私にとっては、
 
「人生の最終日をどんな気持ちで迎えるか」
 
ということが、とても大事だということです。
 
「本当にいい人生だった。
 
なんて素晴らしい人生だったんだろう。」
 
と、自分で自分の人生に感動して泣けてくるような
 
そんな最後をイメージしています。
 
 
 
昨日、寝るときに
 
「この1年、よくがんばったな。
 
いい1年だったな。」と感じたことで
 
人生の最終日をよりイメージできたような気がします。
 
人生の最終日でもこんな感じの気持ちだったらいいなと
 
思ったのです。
 
もちろん、もっと激しく感じたいわけですが(笑)
 
感動で泣くほどの状態をイメージしてますので(笑)
 
 
 
そのためは、
 
やはり、1年1年を
 
「よくやった!」と思えるものにしていきたいです。
 
毎日を
 
「よくがんばった!」と思えるものにしていきたいです。
 
いつも完璧な1日を過ごすというよりも
 
どんな1日があっても
 
自分が辿り着きたいゴールを見つめて
 
進み続けることが大切なのだと
 
感じています。
 
 
 
さあ!2017年の最終日は
 
どんな気持ちで迎えましょうか?
 
私のイメージはこんな感じです。
 
「これまでの人生で
 
こんなにがんばった1年はなかった。
 
本当に、大きく成長できた!」
 
そんな喜びでいっぱいの自分でありたいです。
 
 
 
今年も無事に最終日を迎えることができたのは
 
お客様のおかげです。
 
関わってくださったすべての方のおかげです。
 
 
こうして、働けることに感謝です。
 
今、自分が存在するためにある
 
すべてのものに感謝です。
 
 
ある社長から教えていただいたことで
 
深く、心から感謝できるようになりました。
 
 
 
本当にありがとうございました。
 
2017年も
 
どうぞよろしくお願いいたします。
 
 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ