理想のコーチ像を追い求める (No.701)

おはようございます!


自分の人生を大切に、本気で挑戦する人を応援する


富山の若手専門コーチ佐藤慶子です。



私は、否定されることがとても苦手で


否定されることに対して、とても敏感に反応してしまうようです。


昨日、親しい人と話しながらそのことに気づきました。




自分の考えに対して


相手がちょっと首をかしげるような動作をしたり


相手の表情から「それ、違うんじゃない?」という気持ちを感じるだけでも


「否定されているんだな」と感じてしまい


「自分はダメだ」と思ってしまうことがあるので


否定されることに対して過敏なようです。


けっこうびくびくしてしまいます。




「だから、コーチングに魅力を感じて、ここまで好きになったんじゃないか?」


と人から言われ、納得しました。


その人はコーチングを学んだことはないのですが


私がよく「コーチングは認めるところから始まる」ということを言っていることから


コーチングのその部分がすごく好きなんだなあと感じていて


そう思ったそうです。




認めるということができているかどうかは


「相手に反論したい、アドバイスをしたい」という気持ちが


起きていないかどうかでチェックすることができます。


このことを学んだ時に、「コーチングってすごいな」と思ったこと


今でも覚えています。




否定されることが苦手な自分を


これまでは「弱い自分」「ダメな自分」だと思っていて


好きじゃない部分だったのですが


「私は否定されることが苦手なんだ」と


そのまま認めることができました。


まだまだ100%ではないのですが


そんな部分を認め始めることができたんです。


そして、「もっともっと相手を認められる人になりたい」という


強い気持ちの理由に気づけたような気がしました。


自分はそこを目指していけばいいんだと思えたんです。




人に意見を言うときも


心の中で「この人、間違っている」と思いながら言葉を発するのと


「この人はそういう気持ちなんだな。


よりよい結果を出すために役立つように、自分の意見も伝えてみよう」


と思いながら言うのでは、相手の感じ方に違いが出ると思うのです。


自分の心の中の言葉は、常に相手を認める言葉でありたいです。


自分の心の中で、相手を認めていない声が聞こえてきたら


相手を認める言葉にすっと変えていきたいです。




コーチングにおいて、一番大切な「認める」ということが


もっともっとできる、自分の理想のコーチ像を

どこまでも追い求めて、挑戦していきたいと思っています。



------------------------------—
【お知らせ】

◆「ミッションステートメント作成準備セミナー」 

毎月開催してます!

4月24日
5月22日
6月19日
詳細は後日お知らせいたします

◆若手専門コーチのパーソナルコーチング

今、本当にやりたいのはどんなことですか?
挑戦したいと思っていることはどんなことですか?
答えが見えないのはどんなことですか?

コーチングで考えを整理して行動し始めませんか?

コーチングを体験してみてください!
お問い合わせ・お申し込みはこちらからどうぞ

銀座コーチングスクール コーチ検索ページ
http://www.ginza-coach.com/coaches/view.cgi?username=1110TY0451

◆銀座コーチングスクール富山校体験講座

コーチングスキルを体験してみてください
次回は

4月12日
5月17日

詳細・お申し込みはこちら

銀座コーチングスクール富山校
http://www.ginza-coach.com/school/toyama.html#taiken

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ