時間となかよし!(№212)

富山の若手専門コーチ佐藤慶子です。




今日は、風邪をひいた娘を連れて小児科へ行きました。


そこで、がんばっているお母さんを見つけました。


お仕事が終わってそのまま来た感じのスーツ姿で、


右手で一人、左手で一人、お子さんをだっこしてました。


お母さんってすごいですよね。




自分も子育てが大変だった時期のことを思い出しました。


子どもが風邪をひいて、一人をおんぶして、一人を抱っこして、


自分も体調が悪い中、小児科に行ったこととか・・・・


懐かしいです。




あっという間に今日になったような・・・・


いろいろ思い出していると、とても長い時間だったような・・・・


当たり前ですが、あの時からずっと「時間」は止まらずに今に続いているんだなあと


しみじみ思いました。




時間の使い方について、試行錯誤を続けている私です。


「時間がない」


「時間に追われている」


「うまく時間が使えない」


という気持ちで、「時間」というものをとらえることが多かったのですが


最近は


「この時間でこれができる」


「この仕事とこの用事の間に時間がこれだけ取れる」


「この時間にこれをやってしまおう」


と、時間となかよしになったような、親しくなったような感覚です。


今年に入ってから、行動に取りかかるのが前より早くなり、


時間を大切に思う気持ちが強くなったからだと思います。




時間は別に「敵」ではなく(笑)


「私がやりたいことを実現させてくれるもの」


「やらなければいけないことを終わらせてくれるもの」


と思ったりします。




まだまだ改善していきたいけれど、


時間の使い方について、少しずつ成長している自分を確認できてほっとしました(笑)


時間について思いを巡らすきっかけをくれた


がんばるお母さんに感謝したい気持ちです。




コーチとして、お母さんとして成長し続ける自分でいたいです。




























毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ