効果的な言葉で伝えたい (No.680)


おはようございます!
自分の人生を大切に、本気で挑戦する人を応援する
富山の若手専門コーチ佐藤慶子です。
昨日は子どもとの時間を楽しく過ごすことができました。
娘と並んで歩いていると、あまり身長が変わらなくなっていることを実感。
どんどん成長しています。
またある人からは「娘さんとしゃべり方がそっくりだね!」と最近言われています(笑)
少し、大人の会話ができるようになってきて、とっても楽しいです。
息子とのやりとりは、また違った楽しさです。
息子が面白いことを言いました。
「ママの似顔絵描くから、褒めてね!」と。
かわいい息子です(笑)
紙の切れ端でしたが、ちょこちょこっと描いてくれた私の顔が
とってもユニークだったので、褒める気持ちで
「おもしろいね!」と言ったんです。
すると息子は・・・
「ママひどい!オレ、褒めてって言ったんだけど・・・・
褒めるって言ったら、すごいね!でしょ??」と言うのです。
そうか・・・息子にとって、言われて嬉しい褒め言葉は
「すごいね!」だったんですね。
人は、人に対して、自分が言われて嬉しい言葉を
投げかけることが多いのではないでしょうか?
自分が心地いいと感じる関わり方ばかり、してはいないでしょうか?
自分自身、コーチとしてクライアント様と関わる中で
気を付けているつもりでいましたが
息子からの言葉にはっとしました。
私は褒めるつもりで言ったことが
息子にはそうは伝わらなかったようです。
息子は自分の気持ちを話してくれたけれど
こんなふうにストレートに伝えて貰えるケースは少ないかもしれませんね。
大切なクライアント様との会話の中で
クライアント様を認める時、褒める時の言葉がけや
励ましの気持ちを伝えるときなどは
クライアント様の、表情の変化や声のトーンの変化をしっかり感じていきたいです。
同じクライアント様であっても
その日の状態によって、感じ方が違います。
クライアント様がどう感じているのかをこちらが感じて
より効果的な言葉で伝えられるコーチでありたいです。
何気ない息子の言葉から大切なことを確認できたような気がします。
------------------------------—
【お知らせ】
◆「ミッションステートメント作成準備セミナー」 
毎月開催してます!
3月19日
詳細はこちらから
https://www.facebook.com/events/470608246395205/?ref_dashboard_filter=calendar
◆若手専門コーチのパーソナルコーチング
今、本当にやりたいのはどんなことですか?
挑戦したいと思っていることはどんなことですか?
答えが見えないのはどんなことですか?
コーチングで考えを整理して行動し始めませんか?
コーチングを体験してみてください!
お問い合わせ・お申し込みはこちらからどうぞ

銀座コーチングスクール コーチ検索ページ
http://www.ginza-coach.com/coaches/view.cgi?username=1110TY0451
◆銀座コーチングスクール富山校体験講座
コーチングスキルを体験してみてください
次回は
3月15日
3月20日
4月12日
詳細・お申し込みはこちら

銀座コーチングスクール富山校
http://www.ginza-coach.com/school/toyama.html#taiken

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ