成果につなげるための条件(No.1649)

若手専門若手専門コーチ佐藤慶子のコーチングブログ
 
おはようございます!
 
愛を注ぐ企業支援を目指す
 
富山の若手専門コーチ佐藤慶子です。
 
 
 
「聴く」という行為が
 
大事であることを
 
否定する人はいないだろうと思います。
 
「まず聴くことが大事」ということを
 
言葉として聞いたことがある人
 
頭ではわかっている人が
 
いらしゃると思います。
 
 
 
でも、
 
「心から聴いてもらえた」
 
「聴いてもらえるだけで、こんなにもやる気が出る」
 
「聴いてもらっているだけで、課題解決への道が見えた」
 
と、感じる経験をされた方となると
 
ぐっと少なくなるのではないかと思います。
 
あくまで私の個人的な意見ですが。
 
 
 
昨日は「聴く」ということの大きな力を
 
改めて感じました。
 
小学校の先生方の校内研修会で
 
コーチングの講座を担当させていただきました。
 
こちらの学校です。
 
黒部市立たかせ小学校
http://www.takase-e.tym.ed.jp/
 
校長先生がブログを読んでくださっていて
 
「是非、ブログに書いてください!」
 
と、おっしゃっていただきましたので
 
書かせていただきます!
 
 
 
とても素敵な先生方で
 
素敵な空気が流れる時間を作ってくださいました。
 
研修会の中で、気づいたことを
 
お話していただく場面が何度かあったのですが
 
深い気づきに鳥肌が立ちました。
 
しびれるお話をしてくださいました。
 
 
 
中でも
 
本当に「聴く」ためにはどうするかということを
 
確認していただき
 
実際に試してみていただいたときに
 
その効果を感じていただきました。
 
 
 
「安心して話せた。」
 
「どんどん話したくなった。」
 
「聴いてもらって、心が落ち着いた。」
 
という感想をいただきました。
 
 
 
「聴く」というのは深いですね。
 
人は話しながら自分が持っている答えに辿り着きます。
 
聴いてもらうことで
 
気持ちも整い
 
頭の中が整理されます。
 
モチベーションが上がり
 
行動に結び付いてしまうことさえあるのです。
 
 
 
「聴く」というプロセスがなければ
 
いくら大事なことを伝えようとしても
 
入っていきませんね。
 
 
 
「聴く」ということは
 
受け身な行為だと感じられることも
 
多いかもしれませんが
 
実は
 
とても積極的な行為です。
 
成果につなげるための土台であり
 
成果を出していくための
 
はずせない条件だと感じます。
 
 
 
研修の中で
 
先生方が、お互いに聴き合う中で
 
生まれる空気がとてもあたたかく素敵で
 
こういう空気が流れる組織が増えたら素晴らしいと
 
思いました。
 
こういう空気を作ることで
 
より成果を出していけるのだと
 
確信しました。
 
 
 
私自身も
 
もっと聴ける自分になりたいと
 
思っています。
 
自分もレベルアップに挑戦していきます!
 
まずは自分の「聴く姿勢」を
 
客観的に確認する取り組みをしていきます。
 
 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ