夢を描ける仕事 (No.789)

若手専門若手専門コーチ佐藤慶子のコーチングブログ

 

おはようございます!

自分の人生を大切に、本気で挑戦する人を応援する

富山の若手専門コーチ佐藤慶子です。

 

朝起きたら

今、一緒にお仕事をさせていただいている方から

嬉しいメッセージが届いていました。

目がシャキッとして、体温がグッと上がるような

やる気がみなぎってくるようなメッセージでした。

心から嬉しく、ありがたいです。

 

 

6月に入り

私が本当にやりたいと思っていたお仕事のチャンスを

いただくことが続いています。

直接ご依頼をいただいたり

ご紹介いただいたりしています。

そして、とても素敵な方とのつながりが

広がっています。

「今日も素敵な方にお会いできた!!」

とびっくりしています。

 

 

私にお声掛けくださる方とは

大切にしているものが似ていると感じます。

何を大切にしていて、自分はどうありたいのかという部分で

とても共感できるのです。

そんな価値観を共有できる方と、一緒にお仕事できるのは

幸せなことです。

 

 

ふと思いました。

「価値観が似ている」と思えたということは

自分が自分の価値観に気づいたからですね。

自分の価値観を知っていないと、似てることに気づけません。

自分の価値観を意識して、自分の想いを発信できるようになり

そのメッセージを受け取っていただくことが

できたのだと思います。

 

 

私がコーチという仕事が好きなのは

自分は表に出ないというスタイルの仕事だと思うからです。

素晴らしい成果をあげられるクライアント様を

陰でサポートする存在というところが好きなのです。

がんばる人の陰にいる存在・・・

そのスタイルがとても心地いいのです。

 

 

そして、幸せを感じるのは

クライアント様が小さな行動を起こされること

新しい気づきがあったことを喜ばれること

変化を感じ始められること

行動の結果を共有してくださること

・・・・

と、ありがたいことに日々たくさんあるんです。

そして、目標達成を一緒に喜べること

それが嬉しいと思っています。

 

 

 

「人が良くなっていく姿を見たい!」

「心の深いところが響きあうような関わりが好き」

という気持ちを、大切にして働きたいと思っている自分を

理解しました。

昨日もある社長様にお伝えしたのですが

コーチという仕事は本当に幸せな仕事だと思っています。

 

 

自分の価値観を明確に

自分の価値観を大切に

やりたいことを明確に

できることに集中して

パートナーの方と一緒に夢を描き

クライアント様が喜ぶ結果を出すお手伝いを

していきたいです。

 

 

がんばろう!!

と、心から思っています。

 

 

—————————–

このブログを

毎日メールでお届けしています。

メールマガジンのご登録は

こちら からお願いします!

——————–

◆◆ミッションステートメント作成コーチング体験会  

自分のゴールを再確認してみませんか?

7月24日(木) 8月15日(月) 9月24日(水) リタクラブにて

詳細は改めてお知らせいたします。

 ◆◆若手専門コーチのパーソナルコーチング

無料体験コーチングセッション!!

今、本当にやりたいのはどんなことですか?

挑戦したいと思っていることはどんなことですか?

答えが見えないのはどんなことですか?

コーチングで考えを整理すると、行動できます。

 コーチングを体験してみませんか?

 お問い合わせ・お申し込みはこちらからどうぞ

銀座コーチングスクール

 コーチサガセル

 

◆◆銀座コーチングスクール富山校体験講座

コーチングスキルを体験してみてください

次回は

7月19日

8月9日

 詳細・お申し込みはこちら

 

 

◆◆銀座コーチングスクール無料メールセミナー

コーチングについて学べるメールが1週間届きます。

1週間で、あなたもコーチの仲間入りです!

無料購読はこちら からお申込みください。

 

◆◆「社員の心の窓口」をお探しの企業様へ

(財)石川県産業創出支援機構(ISICO)様

DGnet(デジネット) をご覧ください。

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ