受信機の点検は大丈夫ですか?(No.1635)

若手専門若手専門コーチ佐藤慶子のコーチングブログ

おはようございます!
 
愛を注ぐ企業支援を目指す
 
富山の若手専門コーチ佐藤慶子です。
 
 
 
当たり前ですが・・・
 
コミュニケーションは双方向のものですね。
 
発信する側になったり
 
受信する側になったりします。
 
 
 
人から発信されたことを
 
発信側の想いと一切のずれがなく
 
受信できればいいのですが・・・
 
そこにはどうしても受信側の状態が
 
影響してしまいます。
 
 
 
「きっとこうだろう」
 
という受信側の考えを持って受信していれば
 
その影響を受けて受信されます。
 
 
 
もう少し、内面的な部分に目を向けて考えてみます。
 
そもそも
 
受信側が、発信側のことをどう見ているか
 
どう思っているかによって
 
受信の仕方が違ってきます。
 
 
 
「この人はがんばっているから応援したい」
 
という気持ちでいるのか
 
「今までは心配な状況もあったけど
 
今からのこの人はきっとさらに成長していくに違いない」
 
と、相手の可能性を信じているのか
 
 
 
それとも・・・
 
「まったく、いつもネガティブなことしか言わない人だ」
 
「いつも批判しかしない人だから」
 
という気持ちでいるのか
 
それによって、同じ発信を聞いたとしても
 
受信する内容は違ってきます。
 
 
 
発信側の内容はもちろん
 
そこにつまった
 
本当に言いたいこと
 
言えないけどある想い
 
そういうものまでしっかりと
 
ニュートラルに受信したいものです。
 
 
 
そう思うと
 
自分は「受信機」ですね。
 
しっかりと受信できる状態かどうか
 
メンテナンスが必要です。
 
時には「内部の点検」が必要です。
 
どんなマインドで受信しているでしょう?
 
 
ちゃんと受信できる自分でありたいです。
 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ