会社は体験の場学びの場(No.1680)

若手専門若手専門コーチ佐藤慶子のコーチングブログ
 
おはようございます!
 
愛を注ぐ企業支援
 
富山の若手専門コーチ佐藤慶子です。
 
 
 
頭でわかっていること
 
知識として持っていることと
 
体感すること
 
腑に落ちることには
 
大きな違いがあるということを
 
実感しました。
 
 
 
リーダーは決断することが大事とか
 
チームワークを高めることが大事とか
 
言葉としては理解しているのですが
 
実際に体験することで
 
実感となるのですね。
 
 
 
今年の11月に
 
私が学んでいる「質問中心の研修講師養成講座」
 
の、修了生の成功事例発表会があり
 
実行委員メンバーのリーダーをさせていただだきました。
 
リーダーとして活動することは
 
とても苦手だと感じている自分なので
 
あえて、担当させていただきました。
 
練習できる絶好の場だと思ったのです。
 
 
 
今回の学びは本当に深く
 
大きいものでした。
 
自分の人生の宝だと思っているほどです。
 
 
 
今回実感したことは
 
トップとナンバー2では
 
気持ちの面が全く違うということです。
 
以前、このような発表会の実行委員をさせていただいたときは
 
サブリーダーということで、ナンバー2だったのです。
 
そのときにはリーダーの存在があったので
 
とても安心感がありました。
 
 
 
ところが今回は自分がリーダーです。
 
自分が決断をしなければいけないのです。
 
常に先を考えなければいけないのです。
 
全体を見ていなければいけないのです。
 
このことを通して会社のトップである
 
社長の気持ちをより考えるようになりました。
 
会社と学びの場では全く次元が違うので
 
社長のお気持ちの100万分の1ぐらいかもしれません。
 
もっと微々たるものかもしれませんが
 
トップに立つ人の心境を自分も感じられたことが
 
大きな収穫でした。
 
 
 
また人が自発的に動く様子を見る喜びも
 
今回実感したことです。
 
よく社長が
 
「自発的に動いてほしい」
 
「自発的に提案してほしい」
 
とおっしゃる気持ちが
 
理解できたような気がしました。
 
 
 
今回他にも実感できたことが多いのです。
 
実感というのは目に見えないものですが
 
宝をたくさん得られたと感じています。
 
この宝を
 
お客様へのサポートに活かしていきます。
 
 
 
やはり体験は何よりの学びですね。
 
そう考えると、会社という場は
 
真剣勝負で体験できる場であり
 
本気の学びの場ですね。
 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ