はじめの一歩は「話すこと」(No.1637)

若手専門若手専門コーチ佐藤慶子のコーチングブログ
 
おはようございます!
 
愛を注ぐ企業支援を目指す
 
富山の若手専門コーチ佐藤慶子です。
 
 
 
「はじめの一歩」が
 
「話すこと」であるケースが
 
とても多いと感じています。
 
 
 
そして、ネックになっていることが
 
「会話不足」であることが
 
とても多いと感じています。
 
 
 
本当はちゃんと話したいと思っているんだけど・・・
 
自分が今、とても忙しい状況であるとか
 
相手が忙しそうで、話しかけられないとか。
 
いきなり否定から入られそうだと予想がつくので
 
否定されることが嫌で話しかけられないとか。
 
様々な理由があると思います。
 
 
 
ただ・・・
 
会話不足は問題を大きくふくらませてしまう場合が
 
あります。
 
忙しくても、ちょっと会話しておけば
 
ミスを防ぐことができたケース。
 
しっかり会話ができていれば
 
お互いの誤解を生まなかったケース。
 
など。
 
 
 
先日、尊敬する社長の姿勢から
 
大切なことを学ばせていただきました。
 
社長としては緊急のお仕事をお持ちだったのですが
 
それよりも今、何が大事かを考えて
 
社員さんとの会話の時間をとることを
 
選択されました。
 
結果、社長からの言葉が社員さんにとても響いて
 
社員さんのモチベーションがぐっと上がったようです。
 
 
 
目の前の仕事に追われる現状もあるかもしれませんが
 
大切な会話が忘れられていないか
 
振り返りたいものです。
 
 
 
短い時間であっても積極的に
 
言葉を交わすことを心がけていきたいです。
 
と同時に
 
相手に「話しかけにくさ」を与えていないか
 
自分自身を振り返りたいです。
 
自分自身が相手を認める気持ちで
 
人と接すること。
 
早め早めの行動で心に余裕を持つことに
 
努めたいです。
 
 
 
今週は大切なミーティングが続きます。
 
自分自身を整えて臨みたいです。
 
 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ