どんなテーマでも!!(№394)

富山の若手専門コーチ佐藤慶子です。





久しぶりに娘へのコーチングについて書きます。


今日は8回目のセッションでした。


ピアノのコンクールの予選を通過したいというテーマで


コーチングをしています。







私はピアノが弾けないので


アドバイスは全くできませんが、


コーチングセッションをする度に


「こんなふうに弾きたい」


「こんなふうに練習してみよう」


「この部分を集中して練習しよう」


と、娘の中から答えが出てきます。








今日のセッションでも感じたのは


やはり、


「答えはクライアントの中にある


コーチの中には答えはない」


ということ。


相手の中に答えがあると信じてセッションに臨むと


予期せぬ言葉が出てきて感動します。






親子でコーチングってどんな感じなのかな??


と思いながら始めた、娘へのコーチングですが


どんな関係性であろうと


どんなテーマであろうと


コーチングの基本に忠実にやれば


うまくセッションが進んで


答えを引き出すことができ


行動につなげることができる


と感じています。








今日の娘の感想、嬉しかったです。


「私って、コーチング受けれるから、ほんといいよね!!」


ですって。


11歳のとっても若い娘ですが


コーチングの効果をしっかり感じてくれています。







娘にとっては、同じ家にコーチがいるわけなので


どんどん活用してもらいたいと思います(笑)










毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ