できたときの気持ちを想像すること

佐藤慶子コーチングオフィスの佐藤慶子です。


コーチングを学んでからクセになっていることの一つは、

「できたときの気持ち」を想像することです。


例えば・・・

気が進まないけど、かけなければいけない電話・・・

部屋の掃除・・・

書かなければいけない子どもの学校の書類・・・


などなど、なかなかできないことがあるときは

「それが終わった時の気持ち」を想像するようにしています。

終わったらすっきりするだろうなあ。

嬉しくなるだろうなあ。

そう思うと「よし!やろう!!」という気持ちになります。


「できたときの気持ち」を想像することで、実行できたことが

この「ブログ開設」です!

やりたいやりたいと思いながらなかなかできなかったことなんです。

やってみたら、想像通り、すっきりしました。


やっぱり、「どうなりたいか」を描くと動けるんですね。

うきうきしてくるからですよね!!

そこがコーチングのいいところ!!





毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ