「最終的な責任は私がとります」(No.1636)

若手専門若手専門コーチ佐藤慶子のコーチングブログ
 
おはようございます!
 
愛を注ぐ企業支援を目指す
 
富山の若手専門コーチ佐藤慶子です。
 
 
 
明確な言葉にすることは大切だと感じることが
 
最近いくつかありました。
 
はっきりとした言葉で伝えることの効果は
 
本当に大きいものですね。
 
 
 
会社員として働いていたときには
 
言われたことがないのですが
 
上司に言われたら嬉しいだろうなと思うことを
 
最近言われる機会がありました。
 
 
 
それは
 
「最終的な責任は私がとります」
 
ということ。
 
ある取り組みの中でかけてもらった言葉です。
 
 
 
ドラマなどでは聞いたことがあるような
 
本では見たような・・・
 
そんな言葉ですが
 
実際に自分自身が言われてみて
 
気持ちが変化するということを体験しました。
 
 
 
その言葉の中には
 
私自身を信じてくださっている気持ちが
 
含まれていると思うし
 
思い切ってやってみようと思わせてくれる
 
安心感があります。
 
気持ちがより積極的になりました。
 
すごい力のある言葉ですね。
 
 
 
また、「信頼している」という言葉も
 
素晴らしい言葉だと思います。
 
最近、ある社長が社員さんに
 
この言葉をかけていらっしゃる場面を拝見しました。
 
社長の気持ちが社員さんの中にすっと入り
 
社員さんの心の温度をぐっとあげていくような
 
そんな感じがしました。
 
何とも言えない空気でした。
 
なんて力のある言葉でしょうか。
 
これまでも本当にがんばっていらっしゃる社員さんですが
 
この言葉が心の栄養となって
 
もっともっと力を発揮していかれると思います。
 
 
 
そして、なんと、私も昨日
 
ありがたい言葉をいただきました。
 
「信頼している」という言葉です。
 
こんなにも嬉しいものかと実感しました。
 
期待に応えたいという気持ちが
 
ふつふつと湧き上がってきました。
 
すごい力のある言葉ですね。
 
心の温度が上がりました。
 
 
やはり
 
明確な言葉にして伝えるということは大切ですね。
 
私自身も、普段、伝えきれていない想いを
 
明確な言葉にして伝えることを
 
心がけたいと思います。
 
 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ