「とりあえずの言葉」は言わせない(No.1715)

若手専門若手専門コーチ佐藤慶子のコーチングブログ
 
おはようございます!
 
愛を注ぐ企業支援の
 
佐藤慶子です。
 
 
 
私がコーチングというコミュニケーションを
 
とてもいいものだと思い
 
課題解決の大きな可能性を感じているのは
 
自分のこれまでのいろいろな体験があるからです。
 
負の体験ですが(笑)
 
今となっては私の確信の元となっている
 
大事な体験の数々です。
 
 
実は
 
「それは・・・改善が必要ですね・・・」と言える
 
コミュニケーションのスタイルが
 
スタンダードになっていて(笑)
 
よくないということにさえ
 
気づいていなかったのです。
 
私もまわりも。
 
「なんか・・・気分悪いな」
 
と思いながら
 
そこに改善の必要があるということを
 
知りませんでした(笑)
 
 
例えば
 
人の話を遮り
 
人の話の時間を勝手に自分の話の時間にしてしまうこと。
 
複数の人が一気にしゃべっているので
 
実際には誰が何を言っているのかが
 
把握できていない状態。
 
一見活気のある状態です。
 
場によってはそんな状態は盛り上がっていいかもしれません。
 
でもそのスタイルだと
 
踏み込んだ話
 
深い話
 
本当に必要な話題
 
言いにくいけど言いたいこと
 
を取り上げることができません。
 
大切なことを話す場には
 
不適切なスタイルですね。
 
 
 
こういう状況は
 
小さな事例も含めて
 
ありがちなものかもしれません。
 
 
 
それに対して
 
コーチングは
 
「人の話は最後まで聴きましょう!」
 
ということを推奨しています。
 
遮るのはもってのほか。
 
人が言おうとしていることを
 
勝手に先回りして言ってしまうのも控えます。
 
人は自分が言おうと思っていたことを
 
先に人に言われてしまうのは不愉快だからです(笑)
 
自分で言いたいのです。
 
自分の言葉で言いたいのです。
 
 
 
また「早く言えよ!!」と言わんばかりに
 
せかすような接し方も控えます。
 
せかされれば人は、心理的に、本来の状態ではなくなり
 
「とりあえずの言葉」を発してしまうのです。
 
「とりあえずの言葉」で進めていくということは
 
「とりあえずの結果」でいいと
 
許可をしたも同然です。
 
本当の言葉を引き出すことから逃げているのですから。
 
とりあえずの言葉だとしたら、それについて話を進めても
 
あまり意味はないでしょう。
 
本当に言いたいことは別にあるのですから。
 
 
 
そう考えるとコミュニケーションとは
 
人として当たり前のことを
 
大切にするというだけのお話ですね(笑)
 
 
 
人のものを勝手に盗むのは悪いことだというのは
 
誰もが知っています。
 
相手がほしいと言っているものを
 
勝手な解釈で、別のものだと判断して
 
プレゼントしても喜ばれないことは
 
簡単に想像できます。
 
(うまくヒットすることもあるかもしれませんが 笑)
 
人がプレゼントしてくれているときに
 
見向きもしなければ、がっかりさせてしまいます。
 
見もしないのは失礼です。
 
ましてや、プレゼントをもらっているそのときに
 
全然関係のない話を始めるのも
 
あり得ない話です。
 
ちょっと大袈裟かもしれませんが
 
考えればわかることが
 
コミュニケーションの場では
 
なぜか当たり前に行われているのです。
 
 
 
コミュニケーションは別物ではなく
 
コミュニケーションは生活の一部
 
生き方の一部です。
 
その人そのものだと考えます。
 
 
 
相手への思いやりがあれば
 
小難しいスキルテクニックは
 
必要ないのかもしれませんね。
 
 
 
これでもかというぐらい、相手が本当に言いたいことを聴こう!
 
もう言いたいことは言い終わったのだろうか?
 
自分が話す時間にしてもいいだろうか?
 
今使った言葉には、どんな気持ちが隠れているのだろうか?
 
今、リラックスして話せているんだろうか?
 
心地よく話せているのだろうか?
 
緊張感が増したり、「話さなきゃ」という義務感で
 
言葉を選んではいないだろうか?
 
話すことで、スッキリできただろうか?
 
本当にスッキリした表情になっているだろうか?
 
ということを、人間同士ならお互いに考え合えると信じています。
 
人間本来の感覚に従えば
 
素晴らしいコミュニケーションを交わすことができるはずだと
 
信じています。
 
 
 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ