「いい人生だった」と思える人生 (No.1931)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりを

対話スタイルでお手伝いする

土台構築コンサルタント

佐藤慶子です。

 

 

お盆の間は、子どもの部活もお休みで

ちょこちょこと

一緒に過ごす時間をとることができました。

 

 

そんな中、日々の日課に取り組むことは

自分のリズムをキープする意味で

とても大切だと感じました。

いつもよりは甘めに(笑)

できる範囲でやっている感じで(笑)

抜けることもありますが(笑)

「これをやるんだった」

と、確認し

戻るところがあるというのは

ある意味、安心につながると感じています。

 

 

また、少しゆったりと

いろいろ考える時間があると

いろいろなアイデア、夢が浮かんできます。

昨日は少しですが、ひとり作戦タイムを

とることができました。

カフェでの、大好きな「書き出しタイム」です。

紙とペンさえあればOKの至福の時間です。

 

 

ここ最近思っていることは?

今の自分はどんな状態か?

改めて・・・何を目指しているのか?

今、やりたいのはどんなことか?

本当に〇〇をやりたいと思っているか?

・・・・

というようなことを

思うままに書いていくと

頭の中が整理されていきます。

 

 

ごちゃごちゃしていると思っていたことも

文字にしてみると

それほどでもなかったり(笑)

 

 

また、自分の内面にあることを文字にするのは

「こんなことを思ってたんだ」

と、自分を認めることにもなりますね。

 

 

こんな時間をとると

時間を大切にしたいという気持ちが強くなります。

納得のいく人生を生きるためには

どんな自分で

どんな時間を過ごしたらいいかと

考えます。

 

 

昨日はある社長とのお話を振り返っていました。

社員さんには

「いい人生だった」

と思える人生を生きてほしい。

そんな想いを聴かせていただいたのです。

結局はそういうことだと

改めて強く思いました。

 

 

いろいろと考えが発展していったわけですが

文字にするということを

続けていきます。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ