答えが見えないときも原則にそっていく(No.2462)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

お客様から

おすすめの本を

ご紹介いただくことがあります。

そんなときは

お客様の想いを感じ

目指されたい方向を共有したい

という気持ちで

読ませていただいています。

同じ本を読むというのは

価値観を共有し

ベクトルを合わせるのに

とてもいい方法だと感じています。

自分の言葉では

なかなか言い表すことができないことが

ありますが

本の中に

「まさに自分の想いだ!!」

と思えることが書かれていると

共有しやすいですね。

 

 

逆に

おすすめの本を訊かれることも

あります。

先日も

ある真剣なリーダーの方から

おすすめの本についてご質問があり

私は

『7つの習慣』

とお答えしました。

こちらでも何度か書かせていただいていいますが

今後の人生

この本を抱きしめていきたいと思うぐらい

好きな本です。

好きとかは

通り越しているかもしれません。

とにかく

叩き込みたいと思っています。

 

 

日々

「これだ!」

という明確な答えがない挑戦をされている

お客様のお手伝いをさせていただく中で

原則というのは

道しるべになります。

シンプルだけど

外せない基本が根底にあれば

思い切って挑戦できると思うのです。

 

 

例えば

まわりを変えようとするよりも

自分にできることに集中し

自分から良い影響を広げていこうと挑戦する。

 

 

ついつい

「どうしたらいいんだ・・・・」

と、手法を見つけたくなるけど

その前に

目指すものを明確にし

共有する必要がある人の中で

しっかり共有すること。

そうすれば

今、何が必要か?

何が大事か?

何が不要か?

が自然に見えてくる。

 

 

自分を理解してくれない人を批判し

嘆くよりも

まずは自分が相手を理解することに

努めること。

相手の話を聴くということを本気でやる。

そのプロセスがあって初めて

相手が自分を理解してくれる。

だから順番を間違えないこと。

 

 

ひとりでできることには

限界がある。

より良い方向にいくために

それぞれが持つものを持ち寄り

力を合わせて

相乗効果を発揮していく。

 

 

そういったことが可能な人間であるために

日々の努力を続けていく。

 

 

そういった基本を

根底に置きながらの

原則に沿いながらの

挑戦を

お手伝いしたいです。

 

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ