愛する本をじっくり叩き込める幸せ(No.2344)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

動いてみると

調子が出てくるものです。

昨日は

小さな夢を叶えたことを書きました。

「読書をするためだけにカフェに行き

時間を気にせず

心ゆくまで読書する」

ということが実行できたということを

書きました。

満足感があり

達成感を味わえたおかげで

今日も小さな夢を叶えてあげたくなり

叶えてあげました(笑)

娘を送った後、昨日同じカフェへ(笑)

今日は

『7つの習慣』をゆっくりと

じっくりと味わい

深く考えるということを

自分にさせてあげました。

 

 

スティーブン・R・コヴィー博士が

書いてくださった

『7つの習慣』には

本当に感謝しています。

読んだだけで終わることなく

頭で理解したつもりになって

安心せず

本当に実践できる人間でありたい

と思っています。

 

 

この本を読み込み

自分に叩き込みたいという気持ちが強いので

この本は毎日読むことを

日課にしています。

旅行中などで、本を持ち歩いていない場合を除いて

毎日1ページ読もうと決めています。

そう決めていれば

必ず本を開くことができます。

開くことができれば

1ページを超えて読むこともあり

当然それはOKです!

本を開いて

文字を目にするだけでも

日々積み重ねていけば

大きな変化を感じることになると

信じています。

 

 

そんなわけで

『7つの習慣』を

100回読みたいと思いながら

ゆっくりのペースで読み続けていて

現在9回目に入っています。

このペースでは

100回は遠い道のりですね~~~(笑)

なので

100回読了を目指しながら

マイペースで

学ぶことを楽しみ

実践し

成長していけることを

楽しんでいけたらと思っています。

 

 

初めて読んだ時は

ちんぷんかんぷんでしたが

少しずつ読み

オーディオブックで耳からも取り入れることで

本と自分との距離が

少し近づいたかな・・・

と思っています。

 

 

お客様が理想の状態を

実現される挑戦をお手伝いさせていただく中で

『7つの習慣』に書かれている

原理原則を常に意識している自分がいます。

そのことがまたさらに

深く読み

深く理解することにつながっているのかなとも

思います。

 

 

今回読んでいても

頭にはお客様のことが浮かびます。

挑戦されているお客様が

どのようにしたら

今の課題を乗り越えることができるのか?

と考えています。

 

 

そしてもちろん

自分と向き合う機会となっています。

自分の人格を高めたい。

どう挑戦していこうか?

自分にとって

真の成功とは?

どんな貢献ができたら心の奥底から

幸せを感じるのか?

自分も学び

まわりの人たちと

ともに学び

ともに成長していくには?

自分はどうありたいか?

考えさせられる機会が

とてもありがたいと思っています。

すぐに答えは出ないこともあり

時間が必要で

果てしない取り組みになると思い

気が遠くなることもありますが

このプロセスこそ楽しく

人生を充実したものにしてくれると思えて

なりません。

 

 

『7つの習慣』を書かれたコヴィー博士も

このように言われています。

—————————————–
私は「7つの習慣」の原則を

実践するために

毎日真剣に奮闘している。
—————————————–

 

コヴィー博士でさえも

ご自身が書かれたことを実践しようと

奮闘されていたのです。

私も

奮闘したいです。

改めて思いました。

 

 

9回目の今回は

さらにじっくり

考えながら読み

実践することに挑戦し

自分の中に落とし込みたいと

思っています。

 

 

『7つの習慣』が好きすぎて・・・

たまに抱きしめています。

「ちょっと・・・

おかしいんじゃない??」

と思われても

私はかまいません(笑)

読んでいる

触れていること自体が

エキサイティングで

幸せです!

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ