受け入れたら流れが変わる(No.2538)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

ここ最近

経営者の方々、リーダーの方々の

「受け入れる」という姿勢に

感動し

私自身も襟を正したくなる場面が

あります。

そして、受け入れると

より良い方向へ進んでいくということを

実感しています。

 

 

「部下に、もっと考えて欲しい」

というお悩みを

様々なところでお聞きするのですが

そんな悩みについて

「そんなふうにしたのは

自分達だ。

部下が考えるということを

しなくてすむようにしてきてしまった」

というような気づきを

勇気をもって発言されると

大切なリーダー仲間たちにとっても

大きな刺激になりますね。

 

 

「会議の場で

部下の自発的な発言が少ない・・・。」

というお悩みも

よくお聞きするのですが

そんなお悩みについて

発言しない部下を批判的に見るのではなく

「もっと部下の考えを知りたい。」

「どうしたら部下から考えを

引き出すことができるのか?」

という視点で考え

仲間のリーダーから新たな視点、アイデアを

もらおうとされるリーダー。

そんなリーダーに対して

それぞれが試行錯誤されている取り組みを

共有される場というのは

とても価値ある学びの場だと感じます。

 

 

「なかなか成果が見えないと感じるのは

そうなってしまうこれまでがあったからだ」

という

現状を大きく受け入れる姿勢も

本当に尊敬します。

成果が出ないと感じる状態を嘆いたり

思ったような成果を「出してくれない誰か」を

責めるという方向ではなく

それだけ今まで

必要なことをしてこなかったのだと。

してこなかったのは自分であると。

勇気を持って受け入れる姿勢が強く出た時に

流れが大きく変わっていく流れを

これまで目の当たりにしてきました。

 

 

部下からの「意見」に対して

まったく、「不満」ばかり言っている!

と見る姿勢を大きく変えて

「部下の今の想いをまず受け止めよう」

という姿勢になったときに

部下の内側が変わり始めるのです。

もともと持っている

「成長したい」

「挑戦したい」

という方向に向かって

動き出すのです。

 

 

「認める」

ということは

生易しいものではありませんね。

自分のこと

今の結果をつくり出した自分のこれまでの中でも

ネガティブな部分は見たくない

という気持ちが変化してはじめて

認めることができるのだと思います。

 

 

経営者、リーダーの方々の

勇気をもって認める姿勢に

感動しながら

根本的な取り組みをお手伝いできることに

感謝です。

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ