辞書で調べるだけでなく・・・(No.2375)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

メンバーを巻き込んで

取り組みを進めていくにあたり

中心となるリーダー達がまず

目指すものを理解し

しっかりと共有していることが

大事になりますね。

 

 

理解しようとすると

ひとつひとつの言葉にも

敏感になりますね。

 

 

話をしながら

自分が知らない言葉

自分が普段使わないような言葉を

誰かが使ったとします。

言葉の意味がわからなかったとしたら

その人が言いたいことを

ちゃんと理解することが

できなくなってしまいますね。

まずは

わからない言葉の意味を知る

ということがとても大事だと思います。

 

 

とは言っても

わからなかった言葉を

辞書で調べればいいというものでもないですね。

もちろんその言葉が

一般的にどう使われているかは

大事なことなのですが

お互いに考えや想いを理解し

共有する

というところを目指す時には

それだけではちょっと不足ではないかと

思うのです。

 

 

一般的な意味は意味として

その言葉を使った本人は

どういう意味だと理解して使ったか?

そもそも、どんなことを伝えたくて

その言葉を使ったか?

が大事だと思います。

もしかしたら

本人が言葉の意味を間違えて使っている

という可能性もありますし、

他にぴったりな言葉が見つからないから

仮として、その言葉を使ったかもしれません。

 

 

だからこそ

対話が必要になってきます。

「私、その言葉の意味知らないんだよね。

どういう意味なの?」

「そういう意味で使ったんだね!

ってことは、言いたかったのは

こういうことかな?」

というような

確認の対話が大切になってきますね。

将来の方向性や

大切な価値観について

話をしているときであれば

なおさら、確認の対話によって

深く理解し合うことが大切ですね。

 

 

そういう意味では

「ん?これはどういう言う意味の言葉?」

というものが出てきたときは

チャンスかもしれませんね。

 

 

ちょっと面倒で

時間がかかる対話になるかもしれませんが

そこを避けずに

丁寧に向き合うことが

将来を目指し

一枚岩となって挑戦するための

土台になると感じます。

 

 

リーダーさん達のミーティングが

とてもいい感じです。

認め合う場をつくり

ぐぐっと深めていらっしゃいます。

まさに、いきいきと

本領発揮状態です。

こうなると

楽しいですね~!!

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ