贅沢な語り合いの時間に深まる(No.2319)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

昨日は夜になっても

何となく興奮状態が続いていました。

ずっと高揚した気分と言いますか・・・。

理由はわかっています。

昨日の午前、午後と

素晴らしい対話の時間を過ごせたからだと

思います。

心がパワーアップした感じです。

 

 

昨日はある尊敬する経営者の方と

語り合う時間がありました。

私の中で

「重箱の隅」的な感じなんだけど

とてもとても大切にしたい価値観を

その方と共有できたことで

嬉しくてたまらなかったのです。

人間としての感覚のお話で

うまく言葉にできないと感じながら

とても重要だと思っていたことなのです。

 

 

詳細は省略しますが

簡単に言うと

人からは見えない部分での準備は

必ず滲み出るということです。

人の目に触れることはないかもしれないけど

直接の仕事とは

一見無関係と思われるかもしれないけど

ちゃんと整えることが

結局はいい仕事をすることにつながっていく。

人の目には触れないかもしれないけど

逆に言うと

いつ見られても大丈夫な状態を

つくっておくこと。

そんな準備は

その人がまとう空気をつくるのかもしれませんね。

 

 

普段から

その人が発する言葉はもちろん

言葉にならない部分も

感じ取ることが必要な仕事をしながら

感じていたことは

「今この一瞬にすべてが表れるのだ」

という感覚です。

自分でこう書きながらも

恐ろしくなったりしますが・・・。

 

 

普段、どんなものに触れていて

どんな人がまわりにいて

どんな影響を受けていて

どんな本を読み

どんなことを学んでいて

どんなものを食べ

どんな環境で

どんな空気を吸って

どんなふうに生きてきた歴史があって

どんなことを考えていて

今、どんなふうに生きているのか・・・・

そうした膨大なデータが

全て凝縮されて

その人が発する一言になる。

その人が一瞬見せる表情になる。

そんなふうに思っています。

 

 

こんなふうに考えていることを

対話によって

再確認できたのです。

再確認にとどまらず

より深めることができました。

 

 

そして、より自覚できたことがありました。

それは、自分の人間としての直感を

大事にして

自分が生きたい人生を生きたいという想いです。

それは自分中心で好き勝手にやるということでは

ありません。

日々、たくさんの情報に触れる中で

本質から遠ざかりたくないという気持ちです。

もちろん、一生、死ぬまで

勉強はし続けていくことに決めていますが

たくさんの情報に流されたくはないなと

思うのです。

自分の声に耳を澄まして

自分の腹の声を大切にすれば

自分の中の良心を信じていけば

自ずと原理原則にそっていけるのではないかと

思うのです。

 

 

「やはり、これでいこう」

という爽やかな気持ちになることができました。

日常の中に

より良く生きたい人との

こんな語り合いの時間をつくることができるのは

とても贅沢で

幸せなことだなと感じました。

感謝です。

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ