話してみるという素晴らしい行動(No.2383)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

話をしてみることは

価値のあることですね。

 

 

以前も話し合ったことだけど

日々過ごすうちに

インパクトが薄れ

忘れてしまうことがあります。

そうであれば

「前にも言ったはずなのに・・・」

というところに意識を向け

パワーを使うよりも

改めて、伝えた直したほうが

前に進みますね。

 

 

話をしてみると

思ったよりも理解し合えていない現実に

驚くこともあるかもしれません。

「え!!当然わかってると思ってたけど

そうじゃなかったんだ・・・」

と。

がっかりするのも致し方ないかもしれませんが

がっかり状態をずっと続けると

パワーの無駄遣いになるかもしれません。

理解し合えていなかった事実を

事実として認識して

「もっと話し合おう。

お互いにもっと理解し合おう。」

と思って話し合うほうが

前に進みますね。

 

 

話をしてみると

そんなことに気づけるのです。

 

 

また、話をするということは

いろいろなことが

同時にできてしまう素晴らしい行動だなあと

思います。

なんと、お得なんでしょうか。

 

 

話をすることで

考えることができます。

自分の頭の中の整理ができます。

気持ちの整理ができます。

 

 

話しながら

学んだことを自分の中に落とし込むことが

できます。

 

 

話しているうちに

自分を鼓舞し

決意を固めることもできます。

 

 

自分とは違う人と話すことは

自分の中にはない考え方、感じ方を

知ることになります。

こうして、違いの存在を知れば

他の場面でも

人の違いを違いとして認めることが

できるようになります。

 

 

自分の内側にあるものを

言葉にして出してみて

それを受け取ってくれる人がいると

心が軽くなったりします。

その場では

とくに何か解決していなかったとしても

心が軽くなれば

前に進みやすいですね。

 

 

また、とくに結論が出る話じゃなくても

話をする回数を重ねるほど

お互いの信頼関係が強固になります。

ときには

話が深まり

ぶつかり合うこともあると思います。

そんなときも

諦めずに話し合うことで

さらに理解が深まり

さらに信頼関係が強固になりますね。

 

 

まずは

話したい人と

話せるところから

少しずつでも

話をしてみると

思いがけないものが得られると思いますよ!

話すということは

素晴らしい行動ですね。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ