視点が変わる対話の場(No.2316)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

自分の中で

固まってしまっている視点を

自力で変えることは

そう簡単なことじゃないかもしれません。

 

 

自分にない視点を持っている人と

対話をすれば

新しい視点をもらえることがありますね。

 

 

一対一の対話も

視点を変えるのに

とても有効ですが

小さなグループでの対話は

さらに効果的な場合があります。

 

 

次世代を担う人材として

期待されている存在である

頼もしいリーダーさん達の対話の場が

素晴らしかったなあと

思い出しています。

 

 

自分がもっている疑問を

率直に出してみる。

よく似た意見を持っている人もいれば

全く違う意見の人もいて

それぞれが自分の意見を

出してみることができる場。

考えがまとまらなかったら

無理に適当な感じでまとめて言うのではなく

一旦パスする。

それができることも

素晴らしいと感じます。

いろんな意見があるのだと言うことを知り

改めて自分の中で考える。

そんなやりとりが

行われてしました。

 

 

表面をかする程度の

浅い対話ではなく

少し深いところまで掘って

出し合う対話の中で

あるリーダーが

ご自身にとって大切な気づきに至られました。

 

 

自分にとって

ある分野は苦手な分野なのだと

率直に打ち明けられ

そして、慣れていかなければいけないと思ったと

話してくださいました。

 

 

こうした率直なお話は

その後の対話を深めてくれます。

他の人も

率直な話がしやすくなります。

また、人の視点が変わる場に立ち会うということは

人として

心が喜ぶことだと思うのです。

人が成長する方向にいくことを

この場にいる自分も

サポートできたという

充実感を味わうことにもなりますね。

今後

さらに深まっていきそうな場です。

 

 

一度、対話の醍醐味を味わうことができたら

もう、表面的な話で終わらせたくないと思うのが

私達人間のような気がします。

「困ったら対話しよう」

「違和感が生まれたら対話しよう」

「乗り越えたいなら対話しよう」

と思うようになるのは

そんな対話の体験があるからですね。

 

 

どんなことがあっても

対話で乗り越えていこうという空気が

将来も繁栄し続ける土台になると考えています。

土台づくりは

対話を重ね

小さくても対話による変化を感じることの

積み重ねなのだと感じます。

地道に思えて

果てしないという気持ちになることも

あるかもしれませんが

積み重ねは最強ですね。

 

 

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ