真の学びと成果を得るために(No.2537)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

正直に言うと

効果的な取り組みを

うまく人に伝えられない自分に

腹が立ちます。

とても歯がゆくて

試行錯誤しています。

 

 

「チームワークを良くする方法」

とか

「リーダーシップとは何か?」

とか

「モチベーションの高め方」

とか

そういうことが書いてある本は

星の数ほどあるでしょう。

でも、それを読んだからと言って

変化を生み出せるとは限りません。

もちろん、効果がゼロではないと

思いますが

読んだからといって

できるとは限らない。

成果をあげられるとは

限らないのです。

 

 

本を読むだけではなく

研修などを受けて

実際に何かをやってみる。

職場でもやってみる。

ということができればいいですが

残念なことに、それにも

限界があるのです。

限界というのは

一人でやればいいというものでは

ないからです。

一人でやる分には

問題ないかもしれませんが

自分以外の人と一緒に

やっていくというところに

難しさがあるのです。

 

 

だからある程度学んではいるのに

思ったような変化を生み出せない

という場合とか

本当に成果を出していきたい場合などは

覚悟を決めて取り組みたいものです。

 

 

それは

生身の人間同士での

学び合いです。

やることはシンプルで

「話をする」

ということなのですが

これが何とも奥深いのです。

「対話」と言ってしまえば

端的かもしれませんが

対話でできることの可能性は

無限なんですね。

 

 

ただ・・・

ただ何でも適当に話せばいいというものでは

ありません。

最初は

どう話すのかを

コーディネートする必要があるとは

思います。

 

 

でも必要な手順をふみながら話すことで

チームの一体感が高まったり

モチベーションが高まったり

心の重荷をとっぱらって

思い切って挑戦できたりするのです。

対話にはものすごい力があります。

ただ、その力は

表現することが難しいので

日々、考えています。

 

 

価値ある対話を体感している人には

理解していただけることなのですが

これまでの人生において

驚くほどのクリエイティブな対話を

体感したことがある人は

それほど多くはないのかもしれません。

であれば

話しをすることで

学びが深まり

手に入れたい状態に近づくなんて

思えないかもしれませんね。

口でいくら「説明」しようとしても

とても難しいと感じます。

私自身伝える力をつけたいです。

挑戦ですね。

 

 

対話の力を体感した人は

当たり前のように話します。

「自分にはない視点が手に入った」

「人の話を聴いているうちに

自分の課題に気づいた。

今までは課題だと思うこともなかった。」

「人の話を聴きながら

自分の課題解決のヒントを

もらえた。」

「まだまだ本当に話したいことは

話せていないかもしれない。

でも、この対話を重ねていくことで

そういうことも話せるようになっていくと

思っている。」

と。

 

 

人と話し合うことによって

真の学びが手に入ることを

どう表現したらわかりやすいのか

考えていきたいです。

 

 

日々

真の課題解決に近づく対話の場を

目の当たりにしている者として

自分の体験を

活かしていきたいです。

 

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ