毎日が受け取りトレーニング(No.2346)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

「私、〇〇っていうラーメン屋さん

大好き!

美味しいよね~!」

とウキウキして友人に伝えたところ

「え~~~!

〇〇??

どこが美味しいの?

あそこまずいよ!

佐藤さんの舌、おかしいんじゃない?

本当に美味しいラーメンってものを

食べたことがないから

そんなこと言うんだよ~!

あんなレベルで美味しいとか言ってたら

ダメダメ~!」

って言われたら

どう感じるでしょう?

(あくまで、妄想上の状況設定です 笑)

 

 

こういった日々のちょっとした出来事から

いろいろと考えることができ

ちょっとしたトレーニングの機会にできたら

ありがたいです(笑)

 

 

「味の好みは人それぞれだもんね

私が美味しいと感じるものと

人が美味しいと感じるものは

違うよね」

と受け取ることもできますし

「こういう言い方って

なんだか否定されたみたいに

感じるな・・・

あんまりいい気分じゃないな」

と受け取ることもできます。

 

 

後者の受け取り方を

させてしまうとしたら

友人も

自分の想いの伝え方を見直す機会とすれば

いいかもしれませんが・・・・

それもそれで

いろいろな事実を

事実として受け取ることができます。

 

 

「人が否定されたと感じてしまう

そんな伝え方をする友人は

ダメだなあ」

と感じたとしたら

それこそ、人を否定して

自分のものの見方でジャッジしている自分を

認めることができます。

 

 

「友人は

自分の発言が人にどんな影響を与えているのか

ということに

気づけていないのかもしれない」

という受け取り方もできますね。

 

 

「気づいた自分が

友人に伝えておげよう」

と感じるかもしれません。

 

 

「気づいたにも関わらず

伝えることに躊躇する自分」

もいて、それを自覚するかもしれません。

 

 

それについても

「気づいたのに言わないなんて

本当の優しさじゃないな」

と感じ

気づいたのに伝えない自分を

「ダメだ」

とジャッジするかもしれません。

 

 

または

ジャッジせずに

「気づいたのに伝えられない自分がいるな」

と、事実だけを受け取るという

受け取り方もできます。

 

 

事実を受け取っていないと

相手を攻撃したり

自分を攻撃したりして

無駄なエネルギーを与え合うことになりますね。

 

 

でも、その時その時

受け取れるものを受け取っていけば

そこで終了し

次にいくことができます。

無駄に負のエネルギーを

あふれさせる必要がないのです。

 

 

ただ、受け取ると言っても

無理して

自分の感じ方

ものの見方を偽るのとは違います。

人の言葉にイラっとしているのに

そうではないかのようにして

無理やり

「ニュートラルに受け取らなければ」

と思いこむというのではないのです。

イラっとしたのであれば

「今、イラっとしている自分がいる」

という事実を受け取るという感じですかね。

事実を受け取っていれば

友人に効果的に伝えることもできるのです。

「今の言い方、なんだか自分が否定されてるように

感じちゃったよ~」

と、言ってみることで

その後のコミュニケーションが

深まり

その結果

お互いに気づきがあり

人間関係が深まるかもしれませんし!

 

 

細かいことを

ごちゃごちゃと書いてしまいましたが

実は日々

こうした日常の出来事について

事実を認めるということが

本番のコミュニケーションで

力を発揮してくれると感じているのです。

 

 

大切な価値観を伝え合うような

本気の対話の場であれば

受け取るどころか

一気にジャッジに入り

理解し合うための対話から

どんどん外れていくケースがあります。

 

 

そんな時こそ

「私はこう感じている」

「あなたはそう感じてるんだね」

と、お互いが「そう感じている」という

事実を受け取り合うことで

効果的な対話のスタートを切ることができます。

 

 

本当に大切な本番の対話の前に

どこかへ修行に行くということも

なかなかできませんので(笑)

いっそのこと

「毎日がたのしい修行の場」

「事実を受け取る練習の場」

と捉えてしまうのはいかがでしょう?

そうすればいつでも

トレーニングできますね。

 

 

「ぜーんぶ

認めてみよう!」

「事実をそのまま受け取ってみよう!」

と思ってやってみると

思わぬ変化に出会えるかもしれません。

これまでの対話の質と

大きく変わってくるかもしれません。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ