柔軟体操と対話は似ている??(No.2579)

こんにちは!

望む結果を手に入れるために

挑戦できる空気をつくり

真の課題を解決することを

お手伝いするパートナー

佐藤慶子です。

 

 

柔軟体操をしたことがあるという方は

けっこういらっしゃると思います。

前屈とか、開脚とか

背そらしとかですね。

 

 

そんなとき

自分としては「痛い」という地点から

さらにがんばるのは

きついということを

体験されていると思います。

「痛い!!」というポイントから先へ

自力でいくのは

なかなか大変なことだと思います。

 

 

ですが、誰かが手伝ってくれたら

自力ではいけないところまで

体を持っていくことができたりしますよね。

もちろん痛いかもしれませんが。

前屈であれば

より手の指先が地面に近づいたり

もしくはもっと先にいけたりします。

開脚であれば

より足を開くことができたり

すると思うのです。

 

 

実は、ふと思いました。

柔軟体操と対話って

似ているなと。

というのも

対話をすると

自分一人の頭では考えられなかったことを

考えたり。

また、自分ではなかなか

掘り下げきれなかったことも

相手と話しているうちに一緒に掘り下げていた

ということがあります。

まさに自分一人ではできないことを

誰かに手伝いってもらいながら

限界を超えることが可能なのです。

 

 

これ以上考えられない。

相手の気持ちを考えたくても考えられず

想像もできない。

という限界があるのであれば

人の力を借りて

とっぱらっていきたいと

改めて思います。

 

 

そして

限界を超えていくことは

楽しいことだと感じながら

超えていくことは素敵ですね。

一人であれば苦しくて大変なことも

ともに挑戦する仲間がいれば

苦しさを感じることなくできるのだから

話をするってすごいです!

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ