本音で話せるようになるには?(No.2581)

こんにちは!

望む結果を手に入れるために

挑戦できる空気をつくり

真の課題を解決することを

お手伝いするパートナー

佐藤慶子です。

 

 

ある方からのご意見により

今日は

「本音で話せるようになるには?」

というテーマで

書いてみようと思います。

 

 

これについては

普段、お客様先でお伝えしていることが

あります。

が、一番腑に落ちるのは

実は個々の体験、実感ではないかと

思っています。

人間として

自分はどんな体験をしてきて

どんなことを体験してきたかを

振り返る中に

答えが見えてくると思っています。

見えてきたものを

深掘りしていくほど

理解できていくと思います。

 

 

具体的には

こんなことを考えてみたいのです。

 

 

Q 今まで、どんなときに本音を言うことができたか?

  どんな場で?

  どんな人の前で?

 

 

Q 本音を言いたいのに、言えなかったのは
  
  どんな時だったか?

  本音を言うことを躊躇したのはなぜか?

  何が嫌だったのか?

  何を恐れたのか?

 

 

Q 本音を言うためには

  何を乗り越える必要があるか?

  自分の課題は何か?

  仲間(相手)の課題は何か?

 

 

このようなことを考えて

みることが大事ではないかと思うのです。

 

 

『7つの習慣』の中で

アメリカの心理学者、カール・ロジャースの

次のような言葉が紹介されています。

———————————
もっとも個人的なことは
もっとも一般的なことである
———————————

 

 

自分の内側を掘ってみて

見えてきたものは

決して自分だけに当てはまることではなく

人間ならだれでも思う

一般的なことかもしれません。

人間ならだれでも持っている特徴だとしたら

そこに寄り添う中に

「どうしたら本音を言える場をつくれるか?」

の答えがあると考えています。

 

 

実際、私自身は

どのように考えて

本音が言える場づくりをお手伝いしているか

ということは

また続きにしたいと思います。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ