勇気を持って信じて委ねる場(No.2307)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

部下の話を聴きながら

自分が持っている答えを

言いたくなる・・・

ついつい、言ってしまう・・・

ついつい否定してしまう・・・

とおっしゃるリーダーさんもいらっしゃいます。

聴こう

まずは認めよう

と思ってはいるけど

なかなかできない・・・と。

 

 

判断や評価をする前に

まずは一旦認めるということや

聴く必要があることを

ちゃんと聴くということは

簡単なことではないのかもしれません。

 

 

わかりながらも

気づきながらも

思うようにできない自分を感じながら

少しずつ

進化していけるものなのかもしれません。

 

 

ただ、私自身が組織と関わり

お手伝いさせていただく中で

「聴く覚悟を決めた人」がいて

「聴く空気」

「聴いてもらえる環境」

がつくられ始めたところから

変化が生まれるということを

目の当たりにしています。

 

 

人間はすごいので

聴いてもらえる

言える場ができ始めたら

そこから大きく変わっていくのです。

 

 

素晴らしいリーダーの方が

勇気を持って

部下の皆さんの力を信じて

部下の方々の対話を見守られました。

 

 

自分の苦しい胸の内を話せる場。

それを出してもいいのだと思える関係。

仲間の苦しさを全身で受け止めようとする仲間。

自分が感じたことを伝えることで

仲間の役に立ちたいという想い。

自分にはなかった視点を

そっと受け入れようとする心の素直さ。

仲間の変化を見守り

喜ぶ仲間。

そんな対話が

リーダーの想いの元で

行われたのです。

部下の方々の対話に委ねるということは

リーダーにとっても

挑戦だと思います。

そして、得られるものも大きいのです。

 

 

お手伝いさせていただく度に思います。

人の内面に変化が起こる

そんなミーティングの場の価値が

どれだけ大きいかを。

 

 

日々、目に見えている課題に向き合いながら

その解決のための

内面の動きを起こせる場を

お手伝いしたいです。

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ