体験しないとわからないけど体験に近づくことはできる(No.2558)

こんばんは!

望む結果を手に入れるために

挑戦できる空気をつくり

真の課題を解決することを

お手伝いするパートナー

佐藤慶子です。

 

 

話を聞いただけのことと

実際に体験したことでは

大きく違います。

体験しないとわからないことが

たくさんありますね。

 

 

連休中の出来事です。

「部品がなくて困る」

ということを体験しました。

普段お客様の会社の社員さんから

よくお聴きするお話です。

「作りたくても

部品がないと作れないから困る!」

というお話です。

 

 

実は我が家で

組み立て式の家具を買いました。

連休中に作ろうということで

子どもと3人で作っていたのですが

なんと、ネジが1本足りませんでした。

そのネジがないと作れないのです!

メーカーに電話しましたが

当然、お休みでした。

連休明けじゃないと連絡できないのです。

でも、なんとか連休中に作ってしまいたい!

ということで

ダメもとで、ホームセンターも見に行きましたが

そのネジはありませんでした。

たった1本のネジが手に入らないことで

こんなに困るなんて・・・。

と思いながら

「社員さんはこんな状態のときに

こんな気持ちになるのかな・・・」

と思ったのです。

こういう気持ちを

感じることができてよかったなあと思いました。

 

 

今回のように

自分が体験したことで

人の気持ちがわかることって多いと思うのですが

体験するには限界がありますね。

今回はたまたま社員さんの気持ちに

近い気持ちを体感するチャンスが

あっただけで

すべての体験をすることは無理ですね(笑)

 

 

でも、人の話を聴くことで

気持ちを想像することで

体験に近づくことができます。

 

 

「そんな出来事ががあったのか」

「そんな現状がるのか」

「そういう気持ちだったのか」

ということを思い描くことはできます。

 

 

ということで

今日書きたかったことは・・・・・

体験しないとわからないことがある。

ということと

体験できないことであっても

話を聴くことで

人の気持ちを想像することができ

体験に近づく

ということです。

 

 

だから、対話が大事!

ということを伝えたいです。

 

 

というところに

持っていってしまいました!

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ