人は深い話を求めている(No.2561)

こんばんは!

望む結果を手に入れるために

挑戦できる空気をつくり

真の課題を解決することを

お手伝いするパートナー

佐藤慶子です。

 

 

今、人は、深い話を求めているのだと

感じています。

表面的な話

手法だけの話に

人はもう

飽き飽きしている時代なのかなと

思うのです。

あくまで

私の実感になりますが。

 

 

もっと

深い話がしたい!

心の奥にあるものを共有したい!

心に響く話がしたい!

心の温度が上がるような話をしたい!

そんな欲求があるのだと

感じるのです。

 

 

ある人とのお話の中で

とくにそう感じました。

その方は

自分の本音の部分

大切な想いを

目の前の人に話すかどうかは

少し話をしてみてから考えて決める

と言われていました。

自分の想いを

受け取ってもらえるかどうかは

重要なポイントということですね。

 

 

なので、

「この人の話は

どうも表面的だな」

と感じたり

「この人には理解してもらえないだろうな・・・」

と感じたら

心の奥にしまっている大事な想いを

出すことができないのです。

心を閉ざしたままになってしまいます。

「この人には話せない」

そう感じ取られてしまったら

深い話をするチャンスを失ってしまうわけですね。

 

 

とは言っても

「深い話」って何??

ということかもしれませんね。

「深い話」とはどんなものなのかは

やはり体感しなければわからないものだと思います。

人に、自分の話を聴いてもらっている中で

より深いところにあるものを話せた体験とか

人が徐々に深い話をする姿を見て

自分ももっと話したくなる体験とか

そういったものがなければ

わからないかもしれません。

 

 

深い話というものを体感するには

やはり対話の時間をつくるということが

効果的ですね。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ