ビジョンを日常の話題にする(No.2370)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

「ブログ、読んでますよ~~!」

と、あるリーダーさんが声をかけてくださいました。

駐車場にいた私を見つけてくださって

わざわざ車のそばまで来られて

伝えてくださいました。

素直に嬉しいものです。

リーダーさんのお気持ちに感謝です。

今日も読んでくださっているかな・・・

どうぞ、今日も一日お元気で!

よい一日になりますように!

と、お伝えしたい気持ちです。

 

 

今朝はゆっくり目の出発ということもあり

ちょっと風邪気味?の娘を

学校まで車で送りました。

毎日

「こんなの持って、歩けるんですか??

満員の電車に乗れるんですか??」

っていうぐらいの重たすぎる荷物を持って

通学している娘。

今日は送ってあげました。

 

 

娘にしても

息子にしても

こうして車で送る時間というのは

ちょっとしたコミュニケーションタイムです。

べつにしゃべらなくても

沈黙の時間を共有することも

私は大好きです。

 

 

今日は娘と小さな喜びを共有しました。

以前、娘から

「こんな人になりたい」

という、娘が思う理想を聴いたことがあります。

最近の娘を見ていると

娘が目指したいイメージに

近づいているんじゃないかな

と思ったので、そう伝えてみました。

すると、娘もそう思っているとのことでした。

こんな話は心があったかくなるものです。

小さな喜びを分かち合いました。

 

 

ビジョンとか

理想の状態とか

ありたい姿とかいうと

大袈裟な感じがしたり

考えなければ!

明確にしなければ!

という気持ちになったりすることが

あるかもしれませんね。

立場によっては

人に伝えていくことが求められ

しんどい思いをされる場合も

あると思うのです。

 

 

でも、ビジョン、理想、ありたい姿

などというものは

すでにあって、日常でも話していると思うのです。

気軽な感じで

「こうなったらいいな」

「こうなりたいな」

ということを

意外と話しているものではないでしょうか。

日常で思うことを

人にも話したりしているうちに

自分のコアな部分が見えてくるのでは

ないでしょうか。

 

 

また、気軽に人に話していれば

まわりも

「この人は、こういうことを目指している」

「こういうことを大切にしている人だ」

ということを理解できます。

目指すものを知れば

知らず知らずのうちに

応援する気持ちを持つものではないでしょうか?

目指すものに近づいていると感じた人から

「近づいているように見えるよ」

というフィードバックをもらったりすると

またやる気もアップしますね。

 

 

こうなりたい!

こんな挑戦をしたい!

ということを気軽に話すには

気軽に話せる関係

気軽に話せる空気が

大切ですね。

心がけていこう!

と改めて思ったわけです。

 

 

私も今日

誰かに、自分の目指すものを話してみよう!

今、書きながら思いました(笑)

まずは自分自身が自分の想いを話すことで

今日お会いする誰かが

目指すものを話すことができて

ウキウキしてくれたら嬉しいです。

いい感じで

スイッチが入ったら嬉しいです。

これなら

誰かのための空気づくりとして

いつでも、すぐにできますね。

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ