ちゃんと話せばたいていのことは乗り越えられる(No.2597)

こんばんは!

望む結果を手に入れるために

挑戦できる空気をつくり

真の課題を解決することを

お手伝いするパートナー

佐藤慶子です。

 

 

ミーティングという形式の

社員教育を取り入れられる方には

それぞれねらいがあります。

明確に何かを学ぶ研修やプログラムも

活用されながら

部署ごとの対話

階層別の対話

部署を超えたグループでの対話

をされるのには

目的があるのです。

 

 

ミーティングの進行を務め

部下の考えを聴きながら

リーダー自身の成長を

期待する取り組みもあります。

 

 

これまでいろいろな研修を

受けて来られたリーダーの

「人間力向上」という

数値化しにくい部分での成長を

期待する場合もあります。

物の見方を変えていくことだったり

言動を変えていくことだったりします。

目には見えにくい部分ですが

だからこそ

対話という「生もの」を活用して

気づきを生み出すところから

取り組まれたいのだと

感じています。

 

 

こうした取り組みは

ミーティングの場だけが

本番なのではなく

それまでの準備

打ち合わせ

全てが本番です。

 

 

むしろ

ミーティングの事前打ち合わせの時間こそが

本番と言えることも多いです。

大事な時間です。

 

 

ミーティングを中心とした取り組みの中で

私が目指したいのは

「対話をすれば

どんなことも乗り越えられる!」

と感じていただくことです。

 

 

これまで話題にしたことがないこと

話題にしたり

これまでにない深いレベルで

対話したり

ちょっと緊張する相手や

苦手だと感じる相手との

対話に挑戦し

これまで乗り越えられなかったことを

乗り越える体験が

自信になりますね。

 

 

「ちゃんと話せば

たいていのことは乗り越えられる」

と自信を持てることが

組織の底力となると

思っています。

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ