いまだかつてない感動の対話を!(No.2354)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

話をすれば

たいていのことはうまく進んでいく

と思い

日々、様々な対話の場面を

お手伝いさせていただいています。

そして、本当に必要な対話を行うための

準備をお手伝いさせていただいています。

また、自分自身も対話をさせていただいています。

 

 

話をすればいい

と思うのは

単純に

話をしなければ

理解し合いたいことが理解し合えず

必要な情報が共有できないからです。

もったいないのです。

 

 

個々にお話をお聴きすると

それぞれ良くなりたくて

何とかしたくて

相手のことを思っているのです。

 

 

相手をフォローしたい。

そのために自分ができることはある。

でも、なかなかできない現状がある。

 

 

一人でがんばっている人を見ると

もっと自分たちを頼ってくれていいのに!

と思う。

でもその想いは相手に伝えていない。

相手にしてみれば

なかなか動いてくれないという見方をしてしまう。

 

 

相手の挑戦を感じている。

変化していることも感じている。

でも相手にそれを伝えていない。

相手は、なかなか変われない自分だと感じ

自分を否定的にとらえている。

 

 

というように

共有できたらいいことが

共有されずに

宙に浮いていると

もったいないのです。

言葉にしなくても

ちゃんと伝わっているのであれば

いいかもしれませんが

そうではないとしたら

本当にもったいないと思うのです。

 

 

とは言っても

簡単には伝えられない現状があるから

伝えていないということかもしれませんね。

 

 

単純に

話す時間がない。

話す場がない。

という物理的な問題かもしれませんし。

しっかり伝えるということを邪魔する

感情的なものだったり

空気だったり

なんらかのハードルがあるのかもしれません。

人間、そんなに単純に理解できませんもんね。

ある意味、シンプルだとも思いますが・・・。

 

 

人間同士なので

関わっていれば

「今、誰と誰が

どんな想い、考えを共有したらよさそうか」

ということは

だいたいわかるものです。

そして

「何が邪魔しているのか」

ということも何となくわかるものです。

そして

「邪魔しているものはとっぱらって

本当に理解し合える対話のために

どうしたらいいのか」

ということも

本当はわかっているのです。

 

 

いまだかつてないほどの

感動の対話は

実現できるのです!

素晴らしい皆さんと

ともに挑戦させていただきたいです。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ