【基本的な考え③】肯定的な空気はなぜ必要なのか?(No.2531)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

何となく、続きもの風に

私の根本的な考えを書き綴っております。

一昨日から

書き始めては、長くなるので

「つづく」と言う形になっています。

 

 

望む結果を手に入れるためには

かつてない挑戦が必要になり

かつてない挑戦ができる空気が必要。

ということで

今日はその続きを

深掘っていきたいと思います。

 

 

「かつてない挑戦」ができないとしたら

何が挑戦を邪魔しているのでしょうか?

というところから

考えてみたいと思います。

 

 

現状を変えるアイデアを持っていたとしても

「できるわけないだろ!」

「無理だ!」

「それ、ほんとにうまくいくのか?」

という反応を予想し

恐れる気持ちがあると

出してみることができず

当然

挑戦するところまではいきにくいですね。

 

 

挑戦をした結果

失敗するのが怖い。

うまくいかなくて

バカにされるのが怖い。

「だめだ」という評価をされるのが怖い。

自分としてもうまくいくかどうか

自信がない部分もある。

自分一人で進めていくのは不安。

そんな想いが

行動することを阻んでいるかもしれないですね。

 

 

今の仕事の負荷が高くて

新たな挑戦をしたくても

なかなか難しい現状も

あるかもしれません。

 

 

まずはこんなふうに

かつてない挑戦ができない理由

挑戦できない

挑戦しない空気は

なぜ存在するのか?

を見つめ

さあ、どう打開していこうか!

ということを

考えていきたいのです。

 

 

まず一つには

上に書いたようなことを

話題にして対話をしてみるということが

できたらいいなと思うのです。

話をする中で

「失敗」ということについての不安

恐れる気持ちを共有できたら

安心して思いっきり挑戦できたりしますね。

現在、それぞれが負担だと感じていることを

話し合うことで

お互いの現状を知ることができます。

みんなで知恵を出し合うことで

解決していけるかもしれません。

 

 

そして

そんな率直な話し合いをする中で

お互いのことを知り

お互いのことを理解し合えるのです。

お互いの挑戦を知り

素晴らしい部分を知り

お互いの間には

肯定的な空気が流れ出します。

そのような状態になると

ちょっと失敗したからといって

否定的に見られたりすることはなく

どんな想いでどんなプロセスに取り組んだかを

共有し

ともに新たな挑戦を振り返ることが

できます。

 

 

新たなチャレンジ

かつてない挑戦といっても

なかなか実行されないとしたら

それには理由があります。

だから

その理由

人間の特徴の部分に向き合って

フォローしていくことが

必要ですね。

お互いの間に

肯定的な空気を流すプロセスが

必要になります。

肯定的な空気が

挑戦を支えてくれます。

 

 

そして

この、肯定的な空気ができると

他にもできるようになることが

あります。

それも

かつてない挑戦につながることなんです。

これ、また続きにしてもいいでしょうか?(笑)

 

 

今日も大切な空気づくりを

心をこめてお手伝いする一日に

してまいります。

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ