「想像」「思い込み」ではなく「確認」する(No.1730)

若手専門若手専門コーチ佐藤慶子のコーチングブログ

 
おはようございます!
 
愛を注ぐ企業支援の
 
佐藤慶子です。
 
 
 
今月は、普段あまり機会がないお仕事を
 
させていただく機会をいただきました。
 
先日は東京でのセッション見学会で
 
公開コーチングをさせていただきました。
 
今週は、中学生の生徒さんに
 
ビジネスコーチの仕事を紹介させていただく
 
という場をいただいております。
 
 
 
普段はお客様の会社にお伺いし
 
社長と打ち合わせをすることから始まり
 
社員さんとの対話
 
数名でのミーティング
 
研修といったお仕事をさせていただいて
 
毎日のように「会社」という場所にいる自分ですので
 
とても新鮮です。
 
こういった、いつもとは違う行動をする中で
 
気づくことがいろいろあり
 
それは、お客様のサポートに活かしていけるものと
 
感じています。
 
 
 
昨日も気づきがありました。
 
中学生向けの講座の準備をする中で
 
中学生である娘に
 
講座の一部を聞いてもらいました。
 
娘が「いい!」と言ってくれた部分は
 
素直に嬉しく、ほっと一安心しました。
 
 
 
ただ・・・意外な部分で率直なフィードバックを
 
もらったのです。
 
講座の一部に対して
 
「そういうシチュエーションは
 
想像できなくて、ピンとこない」
 
と。
 
これについては
 
「え~~~~~~~~~~!!!!!」
 
という気持ちでした。
 
わかりやすいものをと思ってのアイデアでしたが・・・・・
 
わかりにくかったようです。
 
心に冷や汗をかいたような気分で
 
娘に聞いてもらってよかったと思いました(笑)
 
きいてみないとわからないものですね。
 
早速修正したことは、言うまでもありません(笑)
 
 
 
相手にとってわかりやすいように
 
相手のお役に立てるようにという気持ちから
 
いろいろ想像しても
 
実際には想像と違うということがありますね。
 
普段、お客様である社長の想いをお聴きし
 
自分がしっかりと理解することが
 
何よりも不可欠だと思い
 
取り組んでいるつもりですが
 
ずれていることもあるかもしれない・・・と
 
総点検したい気持ちになりました。
 
 
 
今月から新たなお客様の会社を
 
サポートさせていただくことになりました。
 
また、他にもご依頼をいただいており
 
どのようなサポートをさせていただくと
 
お役に立てるのかをしっかりとお聴きすることから
 
始めさせていただく予定となっています。
 
今一度、気持ちを引き締めて
 
社長のご要望をしっかりと受け取っているのかを
 
確認し、より理解できるよう
 
対話を大切に進めていきたいと感じました。
 
 
 
今日は社長と一体型のミーティングを
 
サポートさせていただきます。
 
ミーティングの途中であっても
 
社長の思われる進め方と違っていたら
 
声をかけてくださるようにお願いをしておりますが
 
後でもう一度お伝えしようと思っております。
 
(きっと、これを読んでくださっているので
 
すでに伝わっているかもしれませんが 笑)
 
 
 
今日は2つのミーティングのお手伝いです。
 
社長のやさしく熱い想いが社員さんの心に届き
 
素晴らしい社員さんがそれぞれの良さを発揮し
 
大きな力となって
 
良い方向に大きく進んでいく機会となるよう
 
心を込めて
 
精一杯務めさせていただきます。
 
 
 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ