1回聞いたからと言って・・・(No.2160)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

動画で学んだ教材を

総復習のつもりで

見直してみました。

 

 

学びたい!

自分の中にしっかりとインプットしたい!

という気持ちで購入し

学んだものです。

しかも、見たのは1回ではありません。

複数回見ました。

 

 

なのに・・・

改めて見てみると

ここは何度も聞いて

覚えているな

頭に入っているな

と思う箇所もあれば

「こんなこと言われてたっけ?」

と思う箇所がありました。

また、何度か聞いて

ようやく理解できたような部分もありました。

 

 

そんな現状から思ったことは

「1回聞いただけでは

理解できないことがある」

ということです。

 

 

立場を変えて言うならば

「1回言ったからといって

相手が理解しているとは限らない」

ということだと思います。

そんなことを実感したのです。

 

 

頭に叩き込みたいと思いながら

聞いていても

覚えてさえいないことがあるのです。

であれば、「しっかり聞こう!」と

思っていない状態で

聞いたことが

頭に入っていなかったとしても

何ら不思議はありません。

 

 

伝える側からしたら

考えに考えて

言葉を選んで

組立を考えて

伝えたことだから

細部まで頭に入っているかもしれませんが

聞く側からすれば

初めて聞くことを

1回のチャンスで吸収するということです。

全部吸収出来たら

全部を1回で理解できたら

スーパーマンかもしれません(笑)

私自身も

相手にスーパーマンであることを

求めてしまうことがあるなと

思うのです(笑)

 

 

で、気持ちをらくに

いきたいと思います。

自分がインプットしたいことについては

1回で理解できない自分に

がっかりすることなく(笑)

何度も繰り返しインプットすればいい!

 

 

人に伝えたいことは

相手がスーパーマンではない限り

少しずつ理解してもらえればOK!

だから、大切なことほど

何度も伝える。

重ねていくことで

少しずつ理解してもらえばいい!

 

 

自分の身で体験したことから

そんなふうに思いました。

そう思うと

らくですね!

「そんなもんだ」と

人間の特徴を認めて

それをどうカバーするかを

考えていけばいいかなと思いました。

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ