鮮やかに認める!(No.2399)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

「鮮やかに認める」

と、表現したくなるような

あるリーダーの発言がありました。

 

 

伝えたことが伝わっていない現状を

目にした時に

当然、残念な気持ちになったり

「なんで??」

と言いたくなることもあるでしょう。

相手がちゃんと聞いていないのではないか?

もしかして、理解しようとしていないのではないか?

理解する力がないんじゃないか?

と思う方が楽かもしれません。

 

 

ところがあるリーダーは

「伝わっていないってことですね。

理解されてないってことですね。

じゃあ、言い方を変えてみます。」

と、さら~っとおっしゃいました。

なんと早い切り替えでしょうか。

まさに、鮮やか!!

という感じでした。

神々しいようなシーンでした。

 

 

結果を出したい

そのために

どんどん進めたいと思われていると

何も生み出さない時間を

なくしていきたいという気持ちに

なるのかもしれませんね。

認めざるを得ない現実を

受け入れられずにいる時間は

もったいないですよね。

 

 

目の前の現実を認識する。

自分が目指すゴールのためには

目の前の現実を受け入れて

自分が変わるしかない。

それが

とても自然な思考になっていると

前進しかないですね。

 

 

鮮やかに認めることができると

目の前のぐちゃぐちゃとした課題も

すんなり乗り越えていくことができると

感じます。

 

 

「なんでできないんだ!!」

「何度言ったらわかるんだ!!」

「まったく、どうしてこうも

問題のある人ばかりなんだろう・・・」

と、悶々とする時間は

あっという間に超えていけます。

「育っていないというのが事実としてある。」

「自分自身が育ててこなかったという現状を

素直に認めていこう。」

「望む結果が出せていない現状がある。

すべては自分の責任だ。

さて、どうやっていこうか?

それを考えよう。」

「このメンバーを育てながら

このメンバーの力を発揮させながら

ともに結果を出していくということが

自分の役割なんだ!」

そう気持ちを切り替えたときにはもう

解決の道を進んでいます。

 

 

何があっても

どんな現実を見ても

「自己責任」の精神でいけば

ただただ前に進むだけですね。

自分にできることを

やっていくだけですね。

心が乱れると

疲れますよね(笑)

なので、無駄なパワーを使わずに

鮮やかに認めて

軽やかに前進していきたいものです。

 

 

昨日とよく似た内容になったかもしれません(笑)

 

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ