頭の中にどんなセリフが流れていますか?(No.1894)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりを

対話スタイルでお手伝いする

土台構築コンサルタント

佐藤慶子です。

 

 

人と接するとき

重要なのは自分の内側の状態だと

思っています。

内側にあるものは

相手に伝わるということを感じています。

 

 

自分はもちろんのこと

すべての人は

まだまだ成長することができます。

そのためには、行動を変えたほうがいいことも

あります。

「変えていきたい」という自覚していることも

あると思います。

 

 

ですが、他人から

「あなたが変わるべき」

「あなたこそ変わらなければいけない」

というメッセージを感じると

素直になれなかったり

行動するモチベーションが

下がってしまうことがあります。

それも人間の特徴のひとつだと思っています。

恐ろしいことに

「あなたが変わるべき」と

明確な言葉にして言われなくても

目の前の人の心にあるものは

まるでテレビの字幕が出るように

はっきりと伝わっているのです。

人間ってすごいですね。

 

 

人の成長をサポートしたい

望む成果を出すことをサポートしたい

と思うならば

自分の内側を点検することが

大切だと感じます。

自分の今の状態は

相手にプラスのメッセージが発信されるのか

逆にマイナスのメッセージが発信されるのか

を確認する必要があると感じます。

 

 

そのためには

頭の中に流れているセリフを

自覚できるといいですね。

 

 

「この人をなんとかして変えなければ」

「まずこの人が変わらなければいけない」

というセリフが流れているのであれば

例えば

「この人が成長することをお手伝いしたい」

というセリフに変えると

相手に伝わるメッセージも変わってくるかもしれません。

 

 

「この人・・・何度言ってもわからない人だな・・・」

というセリフが流れているのであれば

「理解してもらえる言い方を見つけよう」

に変えるのは、どうでしょうか?

 

 

「この人、どうも苦手だな」

であれば

「お~こんなに違うのか!

この違いをどう活かせばより良くなるだろう」

に変えてみるのはいかがでしょう?

 

 

置き換えてみるセリフは

いろいろあって

正解はないですね。

 

 

今ある感情を変えようと思うと

簡単ではないことも

頭の中のセリフを変えてみることなら

少しハードルが低いのではないでしょうか?

そして、セリフを変えることを繰り返しているうちに

相手に接するときの心の状態、姿勢が

変わってくるのです!

 

 

苦しさを感じるほどがんばって

セリフを変えなくても(笑)

無理なく

自分の良心が喜び

心地よく感じるようなセリフを見つけると

自分にとっても相手にとっても

プラスになると感じています。

そんなセリフ集めを

楽しんでみたいです。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ