重要な確認から逃げない(No.2414)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

必要な話ほど

避けられる傾向があるのかな・・・

と思います。

私も、自分で書きながら

耳が痛いです。

あ、耳っていうのは

違いますね(笑)

自分で文字を打った文字を見ているわけなんで

「目が痛い」が正しいですね(笑)

 

 

本当に大事なことほど

扱わずにいこうとする。

きっちり確認をせず

曖昧にしておこうとする。

そんなものかもしれません。

 

 

でも

大事な部分の確認がなければ

何をしたらいいかも

ぼけてしまいます。

であれば取り組んだ結果も

検証しにくいですね。

 

 

ところが

こういった状況は

マイナスなものではなく

チャンスでしかありません。

 

 

というのも

勇気を持って話し合うだけなので!!

相手の話の内容が

自分にとってがっかりするもの

ショックなもの

イラっとすることであっても

「そういう現状があるのだ」

「この人は

そう思っているのだ」

「自分がそう思わせているという事実を

受け入れよう」

「伝えたつもりだけど

伝わっていないという事実を

認めよう。

・・・・・・・・いや

そうじゃないかも・・・・・・

そもそも伝えてもいないかも・・・・・・。

であれば相手が理解していないのは当然。

それは自分の責任だ・・・・・。」

 

 

と、認めていけば

衝撃の事実にぶち当たるかもしれませんが

そこからがようやく

自分に向き合うチャンスですね。

心の痛さは

前に進む力をくれます。

 

 

そして、心の痛みを振り切って

自分に向き合い

人ではなく自分が変わろうとする姿は

無言のうちに

まわりにプラスの影響を与えているものでは

ないでしょうか。

 

 

感動のミーティングの場に

同席させていだきました。

経営者の方が

勇気を持って行動を起こされたのです。

大事な取り組みのリーダーの方々に

ある意味根本的なことを

確認されました。

経営者の方の心の姿勢が

ニュートラルであり

どんな返答であっても受け入れるという

想いが伝わっていたので

率直なご意見を共有することができました。

これはとても重要な出来事です。

確認するほうも

自分の内側のいろいろを乗り越えての行動です。

答えるほうも

いろいろな想いを乗り越えます。

その上で共有できたことで

お互いの信頼関係が

ぐっと強くなります。

お互いへの理解がぐっと深まります。

お互いの心を結ぶ線のようなものが

輝いて見えるような感じがしました。

ここまで到達してはじめて

取り組みが加速していくのです。

価値ある取り組みとなるのです。

 

 

よく

一体感を高める

一枚岩になる

ということを目指しますが

それは一筋縄ではいかないかもしれません。

一番難しく

パワーのいることでしょう。

だからこそ

そこから逃げずに

そこから着手するという

挑戦をされるお客様を

尊敬の気持ちで

全力でお手伝いさせていただきたいです。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ