違う選択肢を試してみる(No.2200)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

「~~~してほしい」

「~~~をするのはやめてほしい」

「もっと~~~になってほしい」

と思い

何度も伝えてきたけど

どうも思ったような状態にならない。

どうしたらいいものか・・・

と、思い悩むことがあるかもしれませんね。

 

 

これまでのやりかたが

「自分の想いを、一生懸命伝える」

というものだとしたら

その方法にこだわって

やり続けるのもいいですが

他に方法はないか

考えてみたいものです。

 

 

伝えても伝えても伝わらない・・・と

思えば思うほど

一生懸命になり

熱く熱く語ってしまう。

その方法を変えてみるとしたら

「語らずに聴く」

一生懸命、熱く熱く、聴く。

という選択肢もありますね。

 

 

もちろんこれまでも聴いてきていらっしゃるのです。

であれば

聴き方を変えてみるという選択肢もあります。

ちょこっと、数分聴いていたのであれば

覚悟を決めて、30分聴いてみる。

1時間聴いてみる。

それだけでも

これまでとは違う方法を選んでいることに

なりますね。

 

 

これまで、話を聴きながら

思ったことや質問したいことがあれば

すぐに口を開くという方法だったとしたら

別の選択をしてみますか!

とにかく、5分は

がんばって10分

自分が話したくなっても口を開かないと

心に決めて聴く。

でも、相手が話しやすいように

うんうんとうなずきながら。

そんな方法もありますね。

 

 

深い対話の場をお手伝いさせていただきました。

「すべて受け止める」

という決意を持って

向き合われる社長の姿に

胸が熱くなりました。

 

 

心の中に抱え込んでいる

片付かなかった想いは

共感をもって受け止められた時にはじめて

すっと姿を消すものなのかもしれません。

溜めていた分量が多いとしたら

それだけ

出して、受け止める時間も

たくさん必要になるのかもしれません。

でも本当に理想の状態を実現するために

必要なことなのであれば

少しずつでも

進めていきたいですね。

 

 

まさに対話とは

人と人の創造的な協同作業だと感じます。

それができるのが

私達人間なのだと思うと

あきらめなければいけないことなど

何一つないのだと思えるのです。

 

 

 

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ