認めることができず悩むときには(No.2534)

こんばんは!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

人の考えを

どうしても批判したい気持ちになり

ニュートラルに受け取れない。

認めることができない。

というお話をお聴きすることが

あります。

そんなふうに考えていらっしゃる時点で

すでに挑戦されているのだと

思います。

 

 

ニュートラルに認めることが

難しい場合

こんな取り組みはいかがでしょう?

それは

「想像力を働かせてみる」

ということです。

 

 

相手の話を聴いて

相手の考え方を聴いて

どのような背景があるのか?

どのような経験から

そう思うのか?

言葉の向こうにはどんな想いがあるのか?

どんな苦しみがあるのか?

どんな悲しみがあるのか?

叶えたい夢があるのだろうか?

と想像してみるのです。

 

 

実際、想像したことを

確認する対話ができればいいですが

対話まではできなくても

想像するだけで

自分の内面が変わってくるのです。

 

 

批判したい気持ちよりも

そのような考えを持つに至った

事情があるのだな。

そう考えるようになった

これまでの経緯があるのだな。

と思うことができれば

批判したい気持ちは減っていきますね。

 

 

仮に

批判したい気持ちをゼロにはできなくても

想像してみよう!

相手のこれまでに想いを馳せてみよう!

そう思うだけで

相手に肯定的な空気を送ることになるのです。

 

 

「想像力を働かせてみる」

ということに

お客様とともに大切にしています。

そして

お互いのことを想像してみることを通して

組織の中を

肯定的な空気で充満させられたらいいなと

思うのです。

そうすれば

挑戦できる環境が整うからです。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ