認められない悲しさがモチベーションに影響する(No.2238)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

聴いてもらえない

受け取ってもらえない

認めてもらえない

というのは

本当に悲しいことです。

 

 

意を決して言ったこと

想いを共有したくて言ったこと

めちゃめちゃ褒めて欲しいと

思って言ったことを

「ふうん」

と、素っ気ない返事だったり・・・

「もっと、こうしたほうがいいよ」

「もっとチャレンジできるんじゃない?」

なんて言われたら

自分が言ったことは受け取ってもらえなかったのだ

と感じてしまいます。

受け取ってもらえなかったと思いながらも

そこは大人です。

表面上は

口では

「そうだね。

たしかに・・・そうかもしれないね。」

とかなんとか言いながら

笑顔で心に決めるかもしれません。

「この人にはもう二度と

大切な話はするまい」

と。

 

 

それも

人間の自然な反応なのかもしれないですね。

そんな反応も

そういうものだということで

認めていけたらいいですね。

 

 

認める

そのまま受け取る

ということは

決して簡単なことではないかも

しれません。

もちろん受け身なのではなく

前進で受け入れるには

忍耐もパワーも

必要かもしれません。

ところが、これが

本当に大きな変化を生み出してくれると

感じることが多いです。

 

 

と言っても

できているかどうかが

自分にもよくわからない行為であるかも

しれません。

 

 

なので

話をすることを通して

人を通して

気づける機会を多くしていけたらと

思っています。

普段の取り組みで

意識していることです。

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ