言えばいい・・・わかっているけど・・・(No.1995)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりを

対話スタイルでお手伝いする

土台構築コンサルタント

佐藤慶子です。

 

 

以前、社員さんが

こんなことをおっしゃっていました。

 

 

「言うべきことを言い合えるように

なったらいいなと思うけど・・・・

そのためには、自分にとって耳の痛いことを言われた側が

それを受け止める姿勢が必要ですよね」

 

 

「言えばいいとわかってはいるんですけど

言った後、気まずくなって

余計やりにくくなると思うと

言えないんですよ」

 

 

これは人間の特徴を

しっかり掴んだお言葉だと思っています。

 

 

「それ、言うべきでしょ!」

「なんで言わないの?」

「それ、はっきり言って!」

と、言うことは簡単なのですが

実際、「言えない現状」というのがあるのです。

 

 

仕事をスムーズに進めていくために

課題を乗り越えていくために

お互いの考えを相手に伝えることが

必要だとしても

「言えない現状」

があるのです。

 

 

なので、人がものを言えなくさせているものに

向き合い

まずはそこから乗り越えていく必要があるのです。

 

 

ただ、それは、

そんなに簡単なことじゃないですね。

難しいことだから、その結果、今があるわけですね。

 

 

今、ハードルになっているものに向き合い

乗り越え

「話す必要があることを話せる状態」

を作っていくには

いろいろな方向からの取り組みが必要かもしれません。

手法は無限にあります!

 

 

今後、会社が向かう方向性を

みんなでイメージすることで

一体感が高まり

それを目指して挑戦したいという

モチベーションが高まり

思ったことを言い合える空気が

自然に生まれるかもしれません。

 

 

また、個々が、自分が目指したい人間像を

イメージすることで

自分の課題が明確になり

コミュニケーションの部分でも

自分の課題を発見し

よりよいコミュニケーションがとれるよう

挑戦するかもしれません。

その結果、まわりにとっても

話しやすいと思える空気づくりが進むかもしれません。

また、自分の課題に挑戦する人の姿が

まわりからの信頼につながり

「この人だったら本音で言える」と思われる人に

なるかもしれません。

 

 

もちろん、コミュニケーションについて

みんなで学ぶ機会を通して

よりよいコミュニケーションを目指し

やってみる中で

個々が自分のレベルアップに取り組む中で

必要なことが言える空気が生まれるかもしれません。

 

 

やり方はいろいろあり

1つではありませんね。

合わさって効果が出ることもあります。

ただ、1つ言えることは

空気をつくる取り組みには

時間がかかるということです。

 

 

この続きはまた書きたいと思います。

 

 

今日も楽しく全力の一日にしたいと思います。

 

 

 

【セミナーのお知らせ】

「組織の対話力を向上させ業績向上の

土台をつくるセミナー」を

開催します。

 

————————–

日時:
11月2日(木)14:00~16:00
12月5日(火)10:00~12:00
※両日とも同じ内容です。
場所:サンフォルテ
料金:5,000円
定員:4名
お申込み方法:メールにて
satokeicoach@gmail.com
——————————-

今、将来のために

会社が繁栄し続ける土台をつくりたいと

思われている経営者様の

お役に立てればと思います。

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ