覚悟を決めて、対話にいきつく(No.2003)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりを

対話スタイルでお手伝いする

土台構築コンサルタント

佐藤慶子です。

 

 

あるリーダーの方から

嬉しいメールをいただき

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

私の仕事は

お客様が望む成果を出されることで

お役に立ったと思える仕事です。

 

 

お客様が今以上に成果を出されるときには

今まで以上の行動が必要だったり

新しい工夫が必要だったり

違う考え方をしてみることが必要だったりします。

変化を起こすことが必要であり

それには勇気が必要だったりします。

 

 

では、勇気を出して

変化するためには

何が必要なのだろう?と

考えてみました。

 

 

それは

感情が動くということではないでしょうか。

 

 

どうしたらいいかわからない・・・

と思っていることであっても

「こうしたらいいんじゃないか・・・」と

うすうす気づいていることってありませんか?(笑)

または、本当はすでにわかっているとか(笑)

 

 

でも、動けていない現状がある。

ということではないでしょうか。

 

 

頭ではわかっている。

でもできない。

だったら

「よしやろう!」という感情が

芽生えればいいわけですよね!

行動して

成果を出すために

感情のほうを動かすのです。

 

 

では、やる気のある状態になることを

邪魔するものは何でしょうか?

 

 

人間関係が影響しているのか

スキルの面で不安があるのか

習慣化ができていなくてしんどいことがあるのか

環境というなかなか太刀打ちできないものを前に

一人考えあぐねているのか

自分の心のクセと葛藤しているのか

思うように成長できない自分に

苦しんでいるのか

助けを求められず、抜け出せないでいるのか

また、もっと根深い背景があるのか・・・

他人からは見えないかもしれませんね。

 

 

その正体を見つけるために

対話をして

見つけた問題をひとつひとつ潰していこうと

取り組むリーダーがいらっしゃいます。

そこに行きつきました。

 

 

それは手間がかかることかもしれません。

時間がかかることかもしれません。

でも、成果を出すためには

成果を出すためにやるべきことがある。

そんな強い決意を感じます。

 

 

「ああしてください」

「こうしてください」

と、言うことは簡単かもしれません。

成果が出なくても

「自分は言った。何度も言った。」

と言ってそのまま放置することもできるかもしれません。

 

 

「何か問題ある?」

「いいえ、大丈夫です」

という会話を、一回だけした結果

「とくに問題はない」

ということに、できるかもしれません。

 

 

でも、そこで逃げないで挑むリーダーの姿勢を

尊敬しています。

理想の状態を

何としても実現するという

強い覚悟で取り組んでいらっしゃいます。

 

 

対話をするということは

相手からも逃げられないし

自分からも逃げられない

とても厳しいものであるかもしれません。

そんな厳しさの中に身をおきつつ

相手には安心感を与え

相手の心が軽くなるように

前を向く笑顔が見られるまで

相手を信じて関わる。

戦いがあるとしたら

相手を信じられない自分の内面との戦いですね。

自分との戦いなのです。

 

 

そんな考え方を共有しながら

理想の実現を目指す取り組みを

お手伝いできることに感謝です。

 

 

 

【セミナーのお知らせ】

「組織の対話力を向上させ業績向上の

土台をつくるセミナー」を

開催します。

 

————————–

日時:
11月2日(木)14:00~16:00
12月5日(火)10:00~12:00
※両日とも同じ内容です。
場所:サンフォルテ
料金:5,000円
定員:4名
お申込み方法:メールにて
satokeicoach@gmail.com
——————————-

今、将来のために

会社が繁栄し続ける土台をつくりたいと

思われている経営者様の

お役に立てればと思います。

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ