視点は人の内側、奥へ(No.2115)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

最近、人の奥を観る打ち合わせが

多いと感じています。

達成したい結果を出すと

決めているリーダーの方々と

人の内側を掘り下げるような

お話をすることが多いのです。

それはともに働く

部下、同僚についても

リーダーご自身についてもです。

 

 

結果を出すと決めているからこそ

視点は人の内側へ

奥へと向くのだと思います。

 

 

表面上に見えていることは

人の内側、奥と

つながっていますね。

人の内側、奥にあるものの結果が

今目の前にある結果ですね。

であれば

表面の部分を何とかしようとするだけでは

結果的に

望む結果を得るためには

遠回りのような気がします。

結局内側、奥にあるものに向き合うことが

必要になると思うのです。

 

 

そんな視点で話をしようとすると

ミーティングのメンバーを決めるとき

また、そのミーティングの中で

話を深めるためのペアを考えるとき

リーダーの方々の視点が

大活躍なのです。

日頃からともに働く仲間のことを

よく知っていらっしゃるという点でも

人間としての直感という部分でも

すごいリーダーさんたちだな・・・

と思うのです。

 

 

「今回は自分は席を外したほうが

みんなアイデアを出しやすいのではないか?」

 

「今、もっと信頼関係をつくってほしいから

このペアで話し合いをしてみたい」

 

「まずは、日頃の大変さを

分かち合い、理解し合ったほうが

いいのではないか?」

 

「まだまだ本音を言えていない。

でも、そんなにすぐには言えないか・・・。

時間がかかることなのかもしれない」

 

「まずは自分が

部下をほめられるようになりたい」

 

「ついつい自分がしゃべってしまうけど

聴けるように努力したい」

 

「みんなが下を向いて

黙り込んでしまうような時間にしたくない」

 

「まずは今考えていることを

個々に聴いてみよう」

 

こんな話が多くなります。

望む結果を出すために

何が障害になっているのか?

どうしたら乗り越えられるのか?

どうしたら乗り越えるための

モチベーションが高まるのか?

どうしたら人と人が協力し合えるのか?

そう考えていくと

人の内側、奥を

理解しようという考えに至ります。

 

 

昨日のミーティングでも

リーダーの方の魂がこもった一言が

ありました。

口先だけじゃない

心の奥からの言葉です。

言葉自体は

そんなに珍しい言葉ではありません。

よく使われる言葉かもしれません。

でも

リーダーの想い

愛が込められていると感じました。

それは必ず伝わると思うのです。

ちゃんと届いていると思うのです。

 

 

最初は少しずつかもしれません。

はっきりとした成果が

見えにくいかもしれませんが

前へ進んでいます。

 

 

 

【セミナーのお知らせ】

「組織の対話力を向上させ業績向上の

土台をつくるセミナー」を

開催します。

 

————————–

日時:
2月23日(金)10:00~12:00
(2月6日から変更になりました)
3月の日程は未定です。
場所:サンフォルテ
料金:5,000円
定員:4名
お申込み方法:メールにて
satokeicoach@gmail.com
——————————-

今、将来のために

会社が繁栄し続ける土台をつくりたいと

思われている経営者様の

お役に立てればと思います。

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ