自分を客観的に見る(No.1683)

若手専門若手専門コーチ佐藤慶子のコーチングブログ
 
おはようございます!
 
愛を注ぐ企業支援
 
富山の若手専門コーチ佐藤慶子です。
 
 
 
先日、管理職の方との対話を
 
録音させていただきました。
 
自分が話をちゃんと聴けているのか。
 
対話の中で、相手の中にあるものを
 
ちゃんと引き出せているのかを
 
確認するためです。
 
録音させていただくことを
 
快く承諾してくださった管理職の方に
 
感謝しています。
 
もちろん、自分自身の確認のためにしか使用しないことを
 
お伝えしております。
 
 
 
これまでも、研修やセミナーで
 
講師をさせていただくときには
 
毎回ではありませんが
 
録音しています。
 
振り返りのために聞いています。
 
でも一対一の対話を録音したのは
 
コーチとして活動し始めた時以来だったので
 
とても久しぶりでした。
 
 
 
実際に、録音した自分の対話を聞いてみると
 
滑舌が悪く、聞き取りにくい部分がありました。
 
また、質問が長くて、相手が答えにくいのではないかと
 
感じる部分がありました。
 
自分が話をしているときには
 
わからないものですね。
 
録音したものを客観的に聞いてみて
 
初めてわかりました。
 
 
 
対話のスキルは
 
私の仕事上、とても重要なスキルです。
 
スキルアップを怠ることなく
 
もっとレベルを上げていきたいです。
 
 
 
尊敬する社長は
 
常にご自身を客観的に見ようとされています。
 
人からいろいろ言ってもらうことで
 
成長してきたとおっしゃっています。
 
まだまだ成長するために
 
客観的な視点が必要だと言われています。
 
私自身も、成長したいです。
 
勇気を持って、自分を客観的に見ていき
 
レベルアップしていきます。
 
 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ